あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

【レビュー】テスコム低温コンベクションオーブンは料理の最強ツールだ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

今日は最新の調理家電、料理研究家目線の使用感徹底レビュー!
テスコムさんの低温コンベクションオーブン「TSF601」を題材にお送りします。
使用感から調理例、レシピなど、写真も盛りだくさんでお届けしますよ〜

テスコム低温コンベクションオーブンTSF601とは

テスコム(正式名称:テスコム電機株式会社)は、1971年創業の東京に本社を構える調理家電・美容家電の老舗メーカー。
そんなテスコムが2019年11月に発売したのが今回の題材である「低温コンベクションオーブンTSF601」です。

何がそんなにすごいのか→コンパクトで1台6役

「いや、もうめっちゃ便利!すごい!買って!何も考えずポチッて!」という語彙力・具体性にかけた言葉がつい口をついて出てきてしまうくらい便利なこのオーブンなのですが、具体的には

・オーブン調理、トースト、ノンフライ、発酵、乾燥、お肉を柔らかく仕上げる低温調理、全てがこれ1台でできる

・食パンを4枚まで、温度設定不要で焼けるうえに、外はカリッと中はしっとりで焼き上がる

・低温長時間調理は12時間までタイマー設定可能なので、寝てる間に長時間低温調理も可能

・熱風によって食材を加熱するコンベクション(対流)オーブン。庫内の温度を均一に加熱するので、高温でムラなく焼き上げることができる。また、焦げにくく、食材の中までゆっくりと火を通しながら調理可能

・業界初公認!ジップロック®での低温調理が可能なので、大鍋に水を貯める低温調理器を使わなくても低温調理ができる

など至れり尽くせりの機能満載で1万数千円台の低価格という、「加熱周りの大抵のことはできる、最強コスパの家庭用オーブン」なのです。

個人的には、過去購入してきた調理家電のなかでもナンバーワン、群を抜いて「最高にいい買い物をした!」と断言できる一品なのです。

機能や機器スペックなど家電としての特徴をより具体的に知りたい方は 公式サイトをご覧いただくとして、この記事では

・ユーザー目線
・料理研究家目線

での使い勝手や実感を中心にお伝えできればと思います。

「こんなうまそうなものが手軽に作れてこの値段!自分にも使えそう!買おう!」

と思ってもらえると嬉しいなと思っています!

購入した理由

これだけべた褒めしている私ですが、実は2020年の年末(発売から1年以上経過)まで、このオーブンの存在を全く知りませんでした汗

もともとそんなに調理家電をめちゃくちゃ追っかけていなかったことと、もし発売時に存在を知っても「ストウブもあるし、バーミキュラのフライパンもあるし、料理道具は十分なんだよね。焼くのはトースターもオーブンレンジもあるし・・」と「手元の道具で十分」と思っていたと思います。

そう、あの番組を見るまでは・・・

出会いはアメトーーク家電芸人

私は普段余りテレビを見ないのですが、アメトーークの家電やプロレスの特集だけは必ず見るようにしています。

アメトーークは長寿番組なだけあって、「プロが興味ない人にもわかりやすく編集して、プレゼンがうまい芸人さんが上手に面白楽しく伝える」というコンテンツとしてとても優秀だと思っています。

このオーブンに出会ったのは、2020年12月30日に放送された「アメトーーク年末スペシャル」の「家電芸人」のパートでした。

掃除機や調理家電など多数紹介される中で、品川庄司の品川さん、ピン芸人の松橋周太呂さんが担当、プレゼン。

第一印象

最初は「ふーん」でした。「ちょっとええトースターやろ」くらいの感覚。

そうするうちに

「ジップロックと正式にコラボしていて、ジップロックだけで低温調理ができる」

「ジップロックに鶏肉とオリーブオイル、塩だけで柔らかいサラダチキンができる」

というプレゼンと映像を見て「なんと!!鍋に水を貯めなくて湯煎しなくも低温調理できるのか!!」と、低温調理鶏ハムに魅せられる反面、低温調理器の水溜めと加熱、片付けが億劫になっていた私の年末の煩悩と物欲を見事掴まれたのです。。

※実は「焼き芋屋で買ったのかと思うくらいのとても美味しい焼き芋ができる」というプレゼンもあり、MCのホトちゃん(蛍原徹さん)が感銘していたのですが、そのときは大して響かず(ジップロックだけで低温調理、のインパクトが大きすぎた)。購入後に、その「焼き芋屋レベルの能力」の虜になるのは後ほど・・

買うしかない!→届くまで

「直感でこれが必要だ!と感じた調理道具は買って使ってみる」という主義の私は、早速放送を見ながらスマホで検索し、楽天さんの最安値ランキングで上位のものを即注文。

まだオーブンの話をテレビでしているとき(19:19)は購入できたので、問題なく買えたのですが、その5分後にはすべてのショップで完売でした・・「テレビの影響力」とともに「ピンときたら即購入すべし!」の必要性を痛感。

※現在は在庫が復活しています

実機調理レビュー(レシピと写真付き)

年末年始は配送がストップしていたので、到着したのは正月明けの1月5日でした。新年が明けるということよりこのオーブンが到着するを待ちわびたお正月になりました(笑)重厚な外箱に胸が躍る。

開梱し空焚きを済ませ(付属のマニュアルに注意書きがあるので購入時の参考にどうぞ)、早速待ちわびたジップロック低温調理です!

※説明文に簡単なレシピも添えてありますので、購入後にご活用下さい。

ジップロック低温調理で鶏ハム

(作り方)
ジップロックに鶏むね肉、オリーブオイル大さじ1、塩ひとつまみ、ローズマリーシードを入れて空気を抜き、低温モード70度で90分(公式サイトレシピは120分ですが、湯煎と同じ90分でもしっかり火が通せました。70度は鶏肉のタンパク質が固まるギリギリの温度 これ以上高いとパサつきや固さにつながります。)

そして見事な鶏ハムが完成!早速実食すると・・

パサつきがちな鶏むね肉とは思えない肉々しさとみずみずしい食感がたまらなく美味しい!

口の中が、肉の旨味と塩味の絶妙なバランスにとオリーブオイルの芳醇な香り、ローズマリーの爽やかな香りで満たされます・・

鶏ハムはそのまま食べてももちろん美味しいのですが、インスタントラーメンを袋記載のレシピ通りにつくって有名店「阿夫利」風の「鶏チャーシュー」としてのせたり

酢味噌和え(味噌とお酢小さじ1ずつとまぶす)にするとお酒のつまみに絶妙です。

もうこの一品だけで元を取ったのでは?と思えるくらいの感動。
しかもジップロックに材料を入れてダイヤルを回して90分待つだけで・・・

この機能で作る鶏ハムは、すっかり我が家の常備肉レシピになりました。

「これは食卓の鶏むね革命だな・・・」としみじみしながら、他の機能も試していきます。

低温とホイルでローストビーフを焼く

お次はローストビーフ。
もともとローストビーフは得意料理の一つでしたし、オーブンレンジで高温で焼いていました。
しかし、せっかくコンベクションでじっくり低温熱風調理できるオーブン、ローストビーフもチャレンジ。

(作り方)

まずは塩コショウと、チューブのにんにくペーストをまぶしたお肉を、オリーブオイルを敷いたフライパンで各面焼いていき・・

付け合せ野菜とともにアルミホイルに包んで、低温ファンモードで70度2.5時間
※汁漏れしたときのために天板にもアルミホイルを敷いたもの。結果汁漏れ全くせず!

2時間半後・・肉汁たっぷり!!!

肉汁はフライパンに移して、刻んだ玉ねぎ、大根おろし、刻みネギ、赤ワイン、バルサミコ酢、しょうゆなどを加えてグレービーソースを作り・・(詳しいレシピはこちらから)

切り分けて・・

たっぷりとソースをかけたものがこちら!

もっちりとした歯ごたえと濃厚な味わいが両立して、高温で焼き上げたローストビーフにはない、低温調理ならではの絶妙な赤身の旨味も味わえます。それでいて野菜はほくほくに仕上がっていて・・

赤ワイン1ボトルあっという間に開いてしまいました。。。

これだけ食べごたえのある本格的な肉料理が簡単にできて、味もハズレ無し。

とんでもない調理家電です。でもまだまだ、このオーブンの実力は果てしないのです。

高温で焼く

低温モードで肉を焼く能力が素晴らしすぎてその事例ばかり続けてしまいましたが、高温モードも優秀です。

きのこを焼く

作り方はシンプル。
天板にアルミホイルをのせ、かしづきを取って塩をふっただけのしいたけを高温送風モード180℃で10分

コンベクションならではの「庫内を熱風で熱することでムラなく焼き上がる」ことによるプリプリの食感、しいたけの「肉汁」がじゅわっと溢れ出すジューシーな香り・・

通常のオーブンなら焦げてしまうか、水分が飛んでしまうところ。これがコンベクションオーブンの実力か・・

たまらない!焼き芋!

そして家電芸人でもフィーチャーされていた焼き芋。

作り方は、芋を水洗いして、濡らしたままアルミホイルに包んで高温送風モードで60分。それだけ。

つやっつや・・・(写真は香り付けにシナモンをふったもの)

焼きたてを噛んだ瞬間、芋のもっちり・ねっとり具合に驚きます。
間髪入れず、芋の「あんたそれどこに隠しとったん!?」と思うくらいの甘みが口いっぱいに広がり・・トロみとうまみにノックアウトされあっという間に完食・・

すぐさま次の焼き芋を仕込んだのは言うまでもありません・・
※写真のサイズくらいの芋であれば、2-3本いっぺんに焼けます。芋は細身のもののほうが、火の通りが良いですね。

乾燥させる

肉、しいたけ、芋だけでもすでに「これで13,000円台(現状のネットショップ平均価格)で買えるってどんだけ。。。3万でも買うわ」と感動のるつぼだったのですが、まだまだ機能はあります。

次は低温送風モードを利用した野菜の乾燥。

大根を拍子木型に切り分けて、低温送風モード80℃で6時間(寝る前にセット)

見ての通り、ダイヤルのシンプルさと操作感に無駄がなく、直感的で、誰でも使いこなしやすい一品だと思います。開発者さんに敬礼したい気分です。

ダイちゃん

朝起きると・・見事な切り干し大根が!
漬物にも、煮物にも使えるし保存も効きます。
通常なら天日干しで2-3日はかかる切り干し大根が6時間で、しかも放ったらかしでできる。
これは便利です!

本来なら捨ててしまうすだちの皮も乾燥して、スパイスとして保存できました。砕いて塩にまぶして使ったりしています。

ノンフライ唐揚げ

もう十分じゃない・・?と思えるほどの調理機能充実ですが、まだまだ目玉機能があります。

高温送風コンベクションによる「ノンフライヤー」としての機能も!

作り方は、しょうゆ、にんにく、片栗粉、こしょうをまぶした鶏もも肉を、クッキングペーパーを敷いた天板にのせて高温送風モードで190℃25分加熱するだけ・・

油を使わなくても、サクサクジューシーな唐揚げができました!
鶏もも肉のボリューミーさあふれる唐揚げがこんなに手軽に作れるとは・・・感動しすぎてもう褒めるボキャブラリーがありません。。写真のようにすだちなどの柑橘を絞っても美味しいです。

トーストも美味い

トースト機能もとても優秀です。温度設定は不要で、タイマーを設定するだけ。

私は厚切りトーストが好きなので、4分でバターを載せて焼きますが、外はカリカリ、中は水分をぎゅっと閉じ込めてもっちりの安定した絶妙の焼き加減が楽しめます。

マフィンを焼いて、先程の鶏ハムを使ってサンドも作りました。

まだ唯一試せていない「低温発酵機能」

ここまで書いただけでもめちゃくちゃ充実の機能。。なのですが、唯一試せていないのが「発酵機能」。

カスピ海ヨーグルトの増産や、パン生地の発酵などが可能です。

なぜやっていないのか、、
ヨーグルトがそんなに好きではないことと、パン生地をこねるのがめちゃくちゃめんどくさい&片付けが大変なことを知っているからです。。はい、言い訳ですね。
早々に試していきましょう。試したらすぐにここに書こうと思います※この記事を書かないと多分ずっとやらなかった汗

デメリットは?

非常に便利でデメリットを探そうとしてもなかなか見つからない家電ですが、いくつか気になる点はあります。

・通常のオーブントースターと比べて奥行きサイズが大きい

家電としてはオーブンというジャンルのため、オーブントースターの代わりに購入・設置されるユーザが多いと想定されますが、たとえばパナソニックのオーブントースターNT-T-501の奥行き319mmに比べて、TSF601は395mmと実寸8センチ近く奥行きが長いということになります。

これは理由があって送風コンベクションのユニットが大きいためですが、このサイズを知って買うことを見送った友人も実際にいるので、キッチンのスペースはご確認いただいたほうが良いかもしれません。

電子レンジより少し奥行きが短いくらいかな?くらいの感覚といえば伝わりやすいでしょうか。個人的にはキッチンを断捨離して場所を作ってでも購入をおすすめしたい一品ではあります

ダイちゃん

・高温送風モードはファン音がうるさい場合がある

音のうるさい、うるさくないは主観的なものも大きいのでコメントが難しいのですが、個人的には高温送風モードのファンの音が大きい時があるなあ、と思うことはありました。(特に設定が高温にいくほど)
購入して届くまでも色々調べていたのですが、そういう声も検索結果にちらほら。

ただ、別室にいると気にならないぐらいの音なので、人によっては全く気にならないレベルだと思います。

実に重箱の隅をつつくようなデメリット・・それぐらい、価格に対して得られるメリットが大きいという実感のもとでもあります。

まとめ TSF601は日々の料理の喜びと可能性が広がる魔法の調理家電


鶏ハムの香草ミックスあえ。ジューシーな歯ごたえにシャキシャキ食感と香りが加わり箸が止まらない一品

様々な調理例と使用感をもってTSF601をご紹介してきました。

買うきっかけになった「鶏むねの低温調理」は2日1回くらいやっていますね。
高タンパク低脂肪な、アスリートも愛する食品が、最高の調理法で手軽に食べられるだけでもとてもQOLが向上していることを実感します。

最近聴いた言葉で「料理はもっと気軽に、適当でいい」というものがあります。

気軽にはじめて続けるには確かにそのとおり、だと思う反面、「でも、適当なだけだと美味しくできなかったりして失敗体験になってしまうよな」とも思います。

ですが、今回紹介したTSF601は、「気軽に誰でも使えて、美味しく調理できる」という点では、料理研究家として多くの調理道具や家電を使ってきたものとして

こんなに操作が簡単で、毎日美味しい料理が気軽に、手をかけずに作れる調理家電にもっと早く出会いたかった」とちょっと悔しさすら覚えるくらい、素晴らしい1品だと思います。

発売から1年以上経過しても、メディアで取り上げられ続け、各通販サイトで高評価・高ランキングを保持しているのは伊達じゃないな!と納得させられますね。

毎日の料理が楽しくなり、毎日飽きずに食べられるものが簡単に作れる、そんな生活を始めてみませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.