あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

ザボーンズ知ってる?ロックバンド The BONEZに惚れた理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家(煮込みスト)、コンビニ料理研究家、コーヒー研究家としての顔も持つ。 「料理と人生を楽しくするマンツーマン料理レッスン」を主宰。 食イベント「ビストロダイちゃん」や出張シェフなど食体験提供も行う。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」レシピ開発・監修を担当。 2021年フジテレビ系列「Kinki Kidsのブンブブーン」に煮込み料理研究家として出演。

2019年の「WE CONTROL ZEPP」ツアー ZEPP TOKYO公演前に会場で撮った、通称「キャピコア号」に叫びを乗せましたw

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

今日は6月9日(ロック)の日(注:この記事を最初に執筆したのが2020年6月9日)!ということで、爆音でロックミュージックを聴きながら仕事をしています。

そんな今日は、私が大好きなロックバンド「The BONEZ(ザ・ボーンズ)」を一方的に!熱く!紹介させてください!

もしかしたらこれは最近たまにある「熱くてめんどくさい」やつじゃの・・

ひげのマスター

「誰かの役に立ちますように」と思って書く記事も大切だし、好きなんですけど、こういう「思いと勢いで駆け抜ける」系も、実は読者さんに好評だったりするんですよ・・(笑)なるべく簡潔にまとめますからご勘弁を!全然興味ない、知らないという方も「こいつホンマに好きやねんなぁ」という温かい目線で見てやってください・・

ダイちゃん

※いつのまにかスゴイ検索上位に・・恐縮です。板の上で人生と命かけて演ってる人たちにいっちょかみしようなんて甘い考えは一切ない、かつ本気で好きで書いてるだけの料理研究家なBONERの私信ですので、そんな感じで読んでやってください。

目次

The BONEZ 知ってる?

※執筆当初は旧メンバーだったためその写真です

The BONEZ、今年のイベントやフェスへの出演見送りを発表

※激ロック様より引用させていただきました

これがThe BONEZだ

The BONEZ(ザ・ボーンズ)は2013年に結成された男性4人組バンドです。

最初のライブから結成まではPTP (Pay money To my Pain)というバンドが深く関わっているのですが、その経緯や詳細はこちらに詳しいです。

とても大切なバンドの生い立ちの話なので詳細を書きたいところですが、1記事に収まらないので・・

ダイちゃん

RIZEのボーカルJESSE、PTPのベーシストT$UYO$HIとドラムのZAX、そして新ギタリスト(詳細不明)の4名が現在のメンバー(以降敬称略で失礼しております)

冒頭の写真の一番右は昨年10月に脱退したギタリストNAKA。

すでに脱退してしまったのですが、私が好きになったきっかけのThe BONEZはNAKAがギタリストなので、今回の記事ではNAKA在籍時のことを中心に語ります。

(20.7.25追記)
前述の猪苗代湖ライブ&ドキュメンタリーで、サポートギタリストKOKI(Tears of the rebel)の加入が発表されました。

最新アーティスト写真、公式から引用させていただきました。控えめに言って最高です。

私がこのバンドをどれくらい好きか

これは、言葉よりもこの写真一枚で伝わるのではないかなと・・

実はサイドバーのプロフィール写真は首から上しか写っていないのですが、その下のTシャツのデザインを見ると・・

満面の笑みでめっちゃボーンズやんけw

ひげのマスター

プロフィール写真撮るときは絶対コレ、って決めてたんですよね・・w でも、僕はプロフォトグラファーでもありますから、プロフィールに使うポートレイト写真の衣装ってとても意味が強いです。それをわかった上でこの「Nロゴ」着てますから。めちゃくちゃBONER(ボーナー※BONEZファンをこう呼ぶ)です!

ダイちゃん

惚れ込んだ理由を語ろう

最初のきっかけ

プロフィール写真にすらしており、「ザボーンズ大好き!」と言っている自分ですが、実は初めてライブを見たのは「2018年の12月」に参加したROTTENGRAFTTY主催の、冬の京都の風物詩「ポルノ超特急2018」(以下 ポル超)でした。

・・・遅くね?

いやはや、、実は・・(笑)

ダイちゃん

元々2017年10月に、超遅ればせながら、友人に連れて行かれたライブがきっかけで10−FEETのファンになりいわゆる「パンク、メロコア、ラウドロック系」(あまりに雑なくくりであることは百も承知。要は、「ライブハウスで」「ダイブ・モッシュ上等!」みたいなジャンルにそれまで縁がなかった)のライブに行くようになった私。

その流れで、2018年の京都大作戦(台風でまさかの中止涙)を経て、2018年末のポル超に参加。

その時までボーンズは「まぁ、時間あえば見れればいいか」ぐらいだったのですが、、

鬼のようなタイムテーブルのおかげで初遭遇

ここでボーンズが出演した2018年12月23日のタイムテーブル(ポル超公式サイトより拝借)を見てみましょう・・

当初自分が目的にしていたのは、左側の「金閣」のDragon Ash、10-FEET、ROTTENGRAFFTYという「怒涛の3連チャン」。

これ凄まじさどう伝えれば伝わるかなぁ。。。野球でいうと、日本シリーズを40分に濃縮して3本連続見るみたいな、、サッカーだと、ルヴァンカップ決勝を3本連続みたいな。。

ダイちゃん

伝わるのかコレ?w要は「マジ半端ねえ、ヤバい」ちゅうことやの。ボキャブラリー・・ちなみに幕間に芸人さんがでるのはポル超好例じゃ。M-1優勝直後の霜降り明星の客入りと客席の爆笑はすごかったの〜

ひげのマスター

Dragon Ashを前で見るためには、The BONEZからある程度ステージ近くにいるしか無い。だが、体力配分、水分摂取、トイレタイミング、、、体が持つのか?

そのせめぎあいをしたあとに、「よし、ボーンズ見てみよう!」と決めて、ステージ近くに陣取りました。

直撃した未体験の「かっこよさ」

そこで私が目にしたのは、コレまでに体験したことのない

「かっこよさ」「好みの音」「英語詞世界の新たな感動」でした。

他のバンドと比べてどう、ではなく「ど真ん中にきた」んですよね。。

京都から東京に帰ってきて、とにかくThe BONEZを聴き漁りました。

そして思ったこと、「単独ライブに行きたい!」しかし、彼らの単独ツアーはポル超の1ヶ月前の11月にファイナルを迎えていました。

そこで、奇跡が起こるのです。

自分がThe BONEZや他のバンドを知る切っ掛けをくれた10−FEETとThe BONEZが対バンツアーをやるという知らせ!!!!

コレはホント「俺の念が音楽の神様に通じたのか・・?」と思わずにはいられない出来事でした(笑)

ダイちゃん

ライブ参戦を重ねてドンドンハマっていく

RIZEでフロントを張り続けたJESSEのパフォーマンス(アメリカ人なので英語もNative。なおJESSEの父は言わずと知れたCharですよ)と、伝説的バンドPTPのリズムと音を支えるT$UYO$HIのベースとZAXのドラム、激しいプレイも穏やかなストロークも魅せるギターNAKA(当時)。

荒々しさも、トゲトゲしさも、危うさも、なのにスタイリッシュさも、熱さも、優しさも、熱も、涙も、汗も、全てが詰まっているバンド。そしてライブ。

僕が好きなバンドはそれらを何らか皆持っているんですけど、The BONEZのそれらは強く僕に刺さりました。

対バンでさらに惚れ込む

自分が大好きなバンドが、最高のタイミングでまさかの共演。

コレはほんとに夢のような時間でした。

こうなってくると言葉で表しきれない(笑)

一番行きたかったレストランで、憧れの女優さんと、大好きなシェフがつくった大好きな産地・生産者食材フルコースを、大好きなビールとワインでペアリング、みたいな、、うまく言えん!w

そして単独ツアーへ!!

「最高や、、、あかん、、最高や。。。」というベタぼれ状態で毎日音源を聴きまくり、グッズを買いあさり(BONEZのグッズはどれもオシャレでかっこよくて、毎回ソールドアウト必至 ロゴやグラフィックデザイン含め、専門のデザイナーがついている)、DVDを買って見まくり・・

と言った中で念願の単独ツアー発表!しかも、全国のライブハウスを回った後(Suburban TOUR)に、各地のZEPP(ZEPP TOUR)を回るという2段階のツアー!
※ZEPPというのは、彼らの起源に当たるバンドPTPから続く「運命の会場」なのですが、これは追って語ることにします・・

とにかく過去ライブやリリース作品を貪るように視聴し、「もっと早く知っていれば。。」と飢えていた私は、大歓喜でチケットを取り、ついに来た19年6月、ZEPP TOKYO。

グッズ購入をワクテカして並び・・

ライブ開始を心待ちにし。。。(ホントは撮影NGなので、まぁ、そこは、ね!)

燃え尽きた後。

このツアーのときのフライヤーは、今でも自分の部屋に飾っています。

そして、、、奇跡の遭遇

そして、感動の初単独ツアー参戦から数週後、2018年の台風中止を乗り越えて「前年分リベンジも含めた4日間開催(2週連続土日)」の京都大作戦2019。

その「3日目」土曜日にThe BONEZが登場。その前日にある奇跡が起こります(奇跡起きすぎ、ヒキ強すぎ)

仕事を休んで、京都に前日入りし、10年来の友人と飲みにいった夕刻。

2軒目を探すのに手間取り、いつもの店についてすぐ、コンビニで済まさないと行けない用事があった私は、店に友人と荷物をおいて店を出ました。

そうすると、そこに、居たんです。

The BONEZが!!!!!!!

「!!?!?!?」と一瞬混乱し、状況を把握。

おそらくアーティスト写真かSNSに投稿する写真か何かの撮影だったようでした。

私にはこの質問をするのが精一杯でした。

「ボ、ボ・・・ボーンズですよね・・・?」

目の前にいたJESSEは満面の笑みでこう言ったのです。

「そうだよ!!!!」

10年分ぐらいの勇気を振り絞り私は言いました。

「お写真、いいですか・・?」

JESSEは「いいよ!」私は「JESSEとサシ自撮りできるのか、すげえ。。」と思っていたら、JESSEは別場所に移動しようとしていたメンバーとマネージャーのマクシムさんに声をかけてくれました。

「あのさ!写真!1枚だけ!撮ってあげてよ」

メンバーが戻ってきてくれて、マネージャーのマクシムさんが私のiPhoneで撮影してくれました。その時スカパラの谷中さんのブランド「INSTANT FAME」と10-FEETのコラボTシャツを着ていた(BONEZのTシャツはライブ用に取っておいたので着てなかった)のですが、ベースのツヨシさんは「おっ、谷中Tじゃんか!」と話しかけてくれたのをはっきり覚えています。夢の時間だった・・

きれいなデータもあるのですがそれを上げるのもなんか野暮だし、撮影してもらった後すぐコンビニでプリントしたこの写真が、一番あのときの興奮や空気を閉じ込めたものなのです。

この写真は今でも部屋に大切に飾ってあります(今思うとNAKAが入ってるのもほんとに貴重・・‼)。

翌日の肝心のライブはいわずもがな。前列でめちゃくちゃになりながら、絶叫して、燃え尽きました。中盤の時間帯だったので、その後の過ごし方にかなり影響を与えたことは言うまでもないです・・

あまりの感動に、その1週間後・・

私は福岡にいました・・・(笑い)

京都の街での邂逅の感動、ライブのあまりに素晴らしい激情・・・

思わず、京都からの帰りに飛行機のチケットと、ライブのチケット(SNSで譲ってもらい)を手に入れ、、

到着した福岡は土砂降りでしたが、そんなこと関係なくグッズを買うために並び、ライブを全力で楽しみました。

ツアーファイナル、ギターのNAKAのMCはどこか「終わり」を感じさせるものでした。

メンバーの表情や、袖から見るマネージャーさんの表情も感極まるもの。

私は「あ、このライブがNAKAの最後のステージなんだな」と、後付けではなくこの時に気づきました。

※その3ヶ月後、NAKAのバンドからの脱退が発表されました。私が10−FEETとROTTENGRAFTTYを見に福岡に再び来た日の最終日の夜でした。

2019年7月19日

福岡から帰って1週間後の夜、馴染みの店で飲んでいる時に、そのニュースは流れてきました。

ボーカルJESSE、逮捕・・・

容疑やその後の公判などのことは、私がわざわざここで語ることでは有りません。

彼らの音楽が好きで、人生を支えられる人間としてできることはひとつ。

「音源を聞き続け、待ち続けること」でした。

待っていた復活ツアー

区切りと別れ

3ヶ月後、前述の通りギタリストNAKAの脱退が発表。

なんとなく覚悟はしていたものの、やはり落胆は避けられませんでした。

秋、年末とライブやフェスに行く中で「ここにThe BONEZは居ないんだな・・」という思いはずっと胸に刺さりながら、待ち続けました。

そして年が明けて2月、ある映像が公開されました。

NAKA脱退が「決まって」から彼らが駆け抜けたツアーのドキュメンタリーでした。

福岡の時点で別れを受け止めていた自分は涙が出るわけではなかったです。ただ寂しさが募る。

同時に発表された福岡ツアーファイナルの映像DVDはもちろん予約しました。その勇姿を記憶に焼き付けるためにも。

そして、歓喜の咆哮

「待ち続けた映像がようやく出て、しばらくThe BONEZ飢餓をしのげるかな・・」と思っていた矢先、突然の発表に、スマホを持つ手が震えて、思わず叫びました。

The BONEZ 復活ツアー開催!!!

どれだけこの日を待ったことか・・・チケット先行で横浜、福岡、東京と3公演取得し、福岡の宿も取り、またあの感動を味わえる・・・はずでした。

全公演延期、それでももちろん待ち続ける

わざわざ説明することもない通り、新型コロナウイルスの影響でライブやフェスは実施が難しい状況になっています。

このツアーも例にもれず、全公演延期が発表されました。
※同じ時期に発表された、福岡ツアー参戦のために予約していた福岡の大好きな宿が閉店する知らせも、かなりショックでした。

だけど、ここまで読んでくださった優しい方はおわかりのように、ファンはとにかく待つし、待ち続けるのです。

「だからどうした!?」って気持ち。だって、好きな気持ちは変わらないし、音楽は鳴り止まないから。

おわりに We are THE BONEZ!!!

大好きな音楽、胸を貫き、身体を突き抜けた音。

流した汗、涙。あの時感じた高揚と震え。

京都の夜、最初にJESSEと目があった瞬間の記憶。

全てが大切な想い出であり、魂を揺さぶり、今の僕をつくったかけがえのないエネルギーです。

なので、記事の最後は、JESSEがBONEZのライブ冒頭で叫ぶフレーズを真似て、叫んでみようと思います。

何万字書いても語り尽くせねぇ!

だから耳かっぽじって聴きやがれ!!

それが!!!

We Are The BONEZ!!!!!!!

もう今日はとにかく書きたいことを書かせてもらいました(笑)音楽性を語る素養や知識は僕にはないので、エピソードトーク中心になりましたが。。そのカッコよさを体感してもらうには聴いてもらうしか!1人でも興味持ってくれたり「音源聞きたいな」「ドライブしながら聞いてみようかな」「ライブ行けるようになったら行きたいな」という人が増えてくれたら嬉しいです

ダイちゃん

☆ダイちゃんおすすめ曲

飛び跳ねて踊れます!!!映像もかっこいい

暴れろ〜!

燃え上がって汗だくに!

神降臨!

The BONEZ、是非体感してみてください!!

 

追記:なんと、この記事をTwitter経由で、ベーシストのT$UYO$HIさんが読んでくださり、「紹介してくれてありがとう!」と嬉しい言葉をくださいました。
しかも、私のことを覚えていてくださっていました。ブログを書いていると、こういうことがあるから、本当にやめられませんね。もともとやめる気はないですけど(笑)

大好きなバンドへの感謝と、思いを書いた記事が本人に届く。BONER冥利の極みです。

来たるライブの日まで、BONERみんなで待ち続けましょうね。

“Place of fire”で再会するその日まで!!

 

【2020.7.24追記】The BONEZ 復活!!!

ひたすら待ちわびたこの日がついに。19.7.13の最後のライブから1年越し に猪苗代湖で行われたライブとドキュメンタリーの配信が、昨日7.23に行われました。

私は途中仕事のMTGが入っていたので、最初の1時間と2曲目まで(Until you wake up とBird〜people with wings〜)まで聴いて号泣しながら仕事に戻ったのですが(笑)

その後落ち着いてアーカイブをしっかり目に焼き付けました。

そして、、、怒られるかもですが、どうしてもフォトグラファーとしての本能が押さえられず、スクリーンショットと言う名のファインダーで瞬間を切り撮り続けました。

ここにUPします。怒られたら、削除します・・w

多分数日内には消すかなw

20.9.2追記 RUSH BALLにてついにライブ復活!ツアーは中止も、未来へ確かな再開の一歩

ついにステージライブで復活

ついにステージライブで復活!!!フェスのチケットレギュレーション(関西2府4都県以外は参加不可能)を聴いたときは立ち会えない悔しさがあったのも事実・・ですが、メンバーやお客さんの弾ける笑顔をみたらそんなことはどうでもよくなりましたw 本当にライブできてよかった・・・

ダイちゃん

公式インスタにUPされた、マネージャーのマクシムさん録画による「SUNTOWN」RUSH BALL2020舞台袖View

残念ながら延期となっていたRe:BIRTHツアーは中止も、、払い戻しだけではなくグッズとの交換も

新型コロナウィルス感染拡大の影響により開催延期を発表いたしました

The BONEZ Tour 2020 『re:BIRTH』に関して、

振替公演を実施すべく調整を行なっておりましたが、

メンバー・スタッフ一同、慎重に検討・協議を重ねた結果、誠に残念ではありますが開催を中止とさせていただくことに致しました。

 

ライブハウス環境での開催、ご当選頂いた皆様全員に観て頂ける会場キャパシティでの開催を目指し、調整を重ねて参りましたが、現在の新型コロナウィルスの感染状況と日々変わる社会情勢を鑑みると、ご来場頂く皆様が安心してライブに参加頂ける環境をいつ頃ご用意出来るのかという判断は難しく、長期化する事が予想されるため、ツアーを中止とする判断を致しました。

 

全公演を対象に、チケットの払い戻しをさせて頂きます。

また、チケットの払い戻しをされない方には、今回特別に作成したオリジナルグッズをプレゼントさせて頂きます。

 

オリジナルグッズ内容

  • 新曲DEMO音源 ダウンロードカード (ジャケット付き)
  • JESSE手描きによるNew T-shirt
  • 再会を約束する証(ミサンガ)

−公式サイトより引用

私は3枚(初日横浜、福岡、東京)あるので、、どうするかじっくり考えます!

おかえりなさい、BONEZ!

20.10.17追記 新曲「BROKEN CAR」が聴ける日も近い?

10月17日、The BONEZの公式インスタグラムで新曲「BROKEN CAR」のレコーディングのライブ中継が実施されました。

猪苗代湖ライブ配信のときも聞けた新曲ですね!

レコーディングは終始ライブ感に満ちていて、遅れてくるZAXが美味しいところを持っていったり、コーラス録りの様子が「青空ボーンズ合唱団」というインスタコメントが出るくらいの和気あいあいや、コントのような事件が連発(笑)

キャプチャから雰囲気を察してみてください(笑)
※カッコいいもかわいいも楽しいも同居するバンドがThe BONEZ!早くライブに行きたいですね。

早く会いたいThe BONEZ!!!!

21.4.6追記 We are The BONEZツアー初日 行ってきました

随分間が空いてしまいました・・・

加筆できなかった間にも

・Re:BIRTHツアーの払い戻し特典とBROKEN CAR音源とか

特典1:JESSE直筆Tシャツ。払い戻しと選べたので自分は3公演中2つを特典選択

特典2:ミサンガ。W.W.B.Dは”What Would BONEZ Do(BONEZ ならどうするかな) “

特典3:新曲「BROKEN CAR」と「Jump around(cover)」のDL権限付きミュージックカード

・クリスマスYouTube配信とか(キャピコアの極みだったw またああいうのやってほしいな BONEZだと配信でも間が持つんだな)

・歓喜の復活ツアー発表とか

・よーわからん鳥人とかw(※かっこいい新曲ですw)

いろいろあれこれあったのですが、これらは後で追記するとして(4月7日、追記しました!)

「The BONEZがBONERの前についに帰ってきた」4.5ツアー初日について、もう文体とか推敲とかどうでもいいので写真と文章で瞬間熱をパックします。
※普段は全て構成して推敲して査読してSEO・・・そんなの関係ねぇ!!今日は!もうブログの文体とか無視して書きます

ライブ前日まで

実はチケットが取れてなくて、「今回は無理なのかも」と思ったタイミングも実は有りました。

でもSNSで「取れなかった・・・(泣)」という投稿を心優しいBONER(その時点で未対面)が見て声をかけてくれて、電子チケットの譲渡システムとPayPay支払い(文明の利器!)でお譲りいただけることに。しかも1Fの良席!

ライブに行けないことで「無事開催されるだけでも嬉しいけれど、けど、立ち会えないのは寂しいなぁ。。」と新作リリースも少し後傾気味で受け取ってた自分もいたので、めちゃくちゃうれしかった。

せめてものお礼に、最近マイブーム手土産の自家製黒オリーブ味噌を用意。The MEADOWの竹炭塩プラス。

相互ロゴ勝手コラボ。Nロゴのクオリティはもう目をつむってください

いや、入れ物よ。

チケット御礼手土産の形式が女子かよ!(181センチ92キロ、山のフドウ型レスラー体型、大柄男子)

それはさておき、大興奮のまま眠りについた前日!

ライブ当日

午後はお休みを取っていたのですが、仕事も結構色々佳境。

会社員とのハイブリッドで料理研究家なので、会社では役員とあれこれ喧々諤々、自分の事業も料理もやりつつ。

そんな時に支えになるのが音楽で、もちろんイエローモンキーや10-FEETのような存在もあるけど、やっぱり

The BONEZ は代えがたい存在で。19年7月の福岡からBONER空間は味わえてなかったから、仕事をしながら「今日ホンマにライブあるんかいな・・・いけるんかいな。。」とソワソワしていました。

4.5は前日までの暖かさが嘘のような、花冷えする寒い日。雨もちらほら。

SNSを見ると物販は長蛇の列の様子。

「転売も多いし、ネットで足がつくようにEC物販のロット多そうだから会場購入は諦めるか・・」と15時位到着目処で出発。

初のKT Zepp Yokohamaに到着。KTがコーエーテクモであることを知る。やっぱすげーな、コーエーの女帝
そのうち朝ドラとかになる人ですよね、あの人。梅ちゃん先生(津田梅子)レベル。

すぐ横にはS/PARKという名の某有名化粧品会社肝いりのイノベーションラボ(コンセプト説明会は実は出てた俺)、そして村田製作所。
溜池のビルより余裕でデカイ。このあたりはそういう土地柄なのね。

グッズ購入に行くとやはりほとんど売り切れだが、LOUDERのLサイズは合ったので買う。

領収証をお願いすると、グッズデザイナーのあの方!(えっと名前・・シンさんじゃなくて、、わすれた・・)

嬉しくてつい「ツアーおめでとうございます!!福岡ぶりです!」と声をかけてしまって「暑苦しいファンと思われそう(実際そうなんだが)」と後悔するものの「ありがとうございます(ニコリ)僕らも久々で・・」と優しく対応してくださる。

神対応だ。いや、ボーンズだから骨対応か。いやなんだそれは。

エコバッグ持参

風が強すぎて、前回購入のタオルで撮りたかったがむり。

1F E列だった自分は18時入場(時間差入場)なので、カフェで時間を潰してから戻ってきた。

強風と寒さで薄着のBONERには震えている人も。いや、寒かったよね。

入場開始直前の様子をパノラマ。隣のビルまでBONERが行列をなしていて、

「みんな待ってたよね・・・!」とこの時点で少し涙腺がゆるむ(単に風が強かっただけ説)

目のまえに並んでいた色黒の兄さん2人も「Zepp TOKYOぶりやねん!」とコテコテの関西弁で教えてくれた。

見た目がいかついBONERはついビビってしまうが、たいてい会話するとめちゃくちゃいい人が多い。
演る側が素っ裸でむき出しだからこそ、聴く側も小細工なしって感じで、いいよね。

COCOAの確認、検温消毒、電子チケット手動モギリ(自分で。イエローモンキーは電子スタンプだったが、10-FEET ZEPP TOKYOのときもそうだったから、手動型はそれが主流みたい)を済ませてついにNAKA、、じゃない、中へ。

2年ぶりの「The BONEZのライブが行われる箱」の空気を味わう。

10−FEET3月のゼップは緊急事態明ける前だったから半キャパ2部構成、ドリンクも後交換でビールなしだったが・・

ハイネケンが!!ある!!!!!!

音楽好きは大体おなじみだが、フェス会場といえばあのフニャフニャの紙コップで飲むハイネケンである。

つまり「音楽をチルして聴いてる時飲んでる人類、だいたい紙コップでハイネケン」である。やっとこの日がきたんだ・・・。

嬉しすぎて「泡少なめ」オーダーも忘れて乾杯。

結構無残に剥製に?された鳥人の顔と、「これだよこれ」なグッズ陳列。

BONEZが帰ってきたということは「俺たちBONERもここに帰ってこれた」ということ。

開場直後パノラマ。静かに皆興奮を隠せずフロアに向かう。中央の方はおそらくドキュメンタリーカメラマン?

音楽×チル×ビール=ハイネケン、という方程式をさきほど説明したと思うのだが、この会場の至るところに貼られていたBONEZの最新アー写&ツアーポスターの配色を見ていたら・・

・・・・ん?

完全にハイネケンやんけ!!!!!

中央の赤い星がJESSEなところまで配置も完璧である。ZAXは泡だろうか。多分そうだ。

こういうところも外さないのがBONEZ(そういうことではないと思う、でも音楽の力と爆発を一手に担ってるビールがハイネケンだとすると、BONEZのこの色との同期もなまじっか運命的な感じもする Pubstのビールは生ではあんま置いてないし)

意外と冷静な自分に驚くが、ビールを一気飲みし、席についた。

ここからは撮影禁止なので写真はない。(ほんとに無い。俺の携帯には終演後の後幕写真入ってたりしない。多分。)

席はKoki側、前から5列目。良席である。ステージには白い幕。

開演までコウケンテツさんの本を読んで待ち、いよいよ開演直前、マクシムさんがMC。

 

 

 

(以降はネタバレを含みます。これから参加されるという方は読まないほうがいいかもね。でも読んじゃってもいいかもね。あと、曲目全部振り返るとかはせず、自分の感情の動きを記録します。MCとかも感情高ぶりすぎて細かいところ覚えてないし、もうフレーズフレーズで書きなぐります あっしはレポーターじゃねえっすから、料理研究家でBONERっすから)

 

 

開場暗転。

オープニングSEが静かに鳴る。胸が躍る。

そして、、、ドンドン!!!!!!

あの男にしか鳴らせないドラムの音が会場につんざいて、ツヨシさんのベースリフが鳴る。コーキさんのリフがのっかる。

そうだよね、一発目はそれだよね。

フルスロットルのサウンドが聞こえる瞬間にJESSEの声がして、幕が下りて、JESSEがフロア中央へ飛んできた!!!!!

BONEZが帰ってきた!!!!

JESSEのハイジャンプが自分にはスローモーションに見えて、あの瞬間、

でかいでかい乾いた砂漠のぶっとい運河の扉をJESSEが蹴っ飛ばして、汗も涙もないまぜにした2年分が、河になって運河にぶちまけられて、潤いを取り戻して、世界が光を取り戻したような

そんな感覚に陥った。

革命の曲、エンジンをぶっ放す曲の定番の連携が続き、椅子あり100%キャパの観客は飛んだり、身体を揺らす。

そして帰還MC、からの「We are The BONEZ!!!!」

待ったよ。待ってたよ。あの大作戦の夜のこと。福岡の翌週のこと。

行けなかったRASH BALL。幻想的な猪苗代湖の映像・・・

目の前にBONEZが居て、音を鳴らしていて、会場の同じように待ちわびたBONERたちの熱がステージにビンビンに向いていて、そのるつぼのなかに自分がいることが嬉しいあの感覚。

そして今回はじめて感じた、飛べなくても、汗だくでぶつかりあえなくても、みんなから出ている愛とか熱とかそういうのが、会場に渦巻いている感覚。

これだ、これだ、これだ、という、これ。

やかましくする曲がはじまって、「こんなうれしくてやかましいことあんのか」とまた思う。

人前では初めてやる、というJESSEの説明からのあの曲も身体に響く。

HIPHOP名曲のカバーが続く(これ、ディック東郷が大阪プロレスFECの頃からずっと入場曲に使ってるやつのカバーだったのか!と気づいた、、と思って調べたらその曲は「Insane the brain」で、Jump aroundのイントロがそのサンプリングらしい)

そこからの「ルゥーード ボイーーー」である。コーキが弾くイントロリフが最高にいい!!!

自分は音楽分析は素人だからうまくいえないが、NAKAのギターは重底も強調した響きだったが、KOKIのそれはシャープかつ踊るような、跳ねるような感じ。比較する意味あんまりなく、それぞれ好き。
なによりBONEZの新たな音像を作っている。いい。

そしてWOKEのOP曲へ・・・このあたりで、「BONEZ の生音を身体が好きなだけ摂取しているというこの事実、感覚」に感情が爆発しそうになる。
THE YELLOW MONKEYの20.11.3東京ドームのときも感じた感情だが、あのときとシチュエーションも違うし、そもそもバンドに対する自分の思いの種類がぜんぜん違う。同じくらい深く厚い愛だが、種別が違うのだ。なので比較する意味はない、のだが自分の中にベンチマークとして存在はするので、思考には出てくる。

イエモンのときは「真珠色の革命時代」というおよそ30年前曲の最後のフレーズ「Ah change is coming」が、まさかあの状況に完全に合致し、時代を超えてメッセージを集約するなんて、、、という幕開けに涙腺がぶっ壊れた。

今回は・・・

JESSEが「Until “WE”wake up」とフレーズを変え、自分たちが、自分たちとBONERたちが立ち上がるまで、今まで、という思い・・

それもそうだし、(記憶ではこの曲前MC)ツヨシさんが「やっと言えます The BONEZベースのツヨシです」と言ったことや、ZAXが「でっかいNロゴしょって生きます」と号泣して、JESSEと抱き合いながら話していたシーンや、コーキさんが「BONEZ という生命体」と表現したことや・・

このバンドが持つ華と、少年性と、愛される力と、不器用さと、、色んなものが集約されたようなその言葉の節々たちと、”WE”に、自分自身も待ち続けた思いが爆発したのかもしれないと、一夜明けた今思う。

この曲からBirdまでは涙が止まらず、メガネを曇らせながら、でもなぜか笑顔で見ていた。

「ああ・・・帰ってきたんだなぁ。そして俺は本当にこの人達の音楽が必要なんだ」と身体感覚で全身で感じることができたから。

なにより自分自身も本当にいろんなことがあった2019年7月から、この4月までだったし、昨年は特に怒涛だった。
3−4回は、自分を全てぶっ壊して再構築したようなそんな1年だった。

忘れられるわけねえだろ。

人生の生と死の讃歌。

そしてライブハウスの曲。シンガロングできないはずなのに、みんなの声が聞こえる。

針と糸。何度も聴いた曲だけど、今日の聞こえ方はなんだろう。太く強い。

そしてGetdownしてからの、I got a boner・・

「キャピコア号が走り出した」「次の街に行きます」

ライブが開催されて、演奏が始まって終わって、次の街へ。

そんな当たり前が今目の前で繰り広げられていることに、音楽を好きな人間として歓喜した。そんな瞬間だった。

一晩空けて目が覚めてから、ベッドから飛び起きて書きなぐって1時間。読み直すことはせずアップしようと思う。

誤字脱字、許してくれ。

実は他の公演のチケットは取っていなくて、羽田公演も行こうか・・・と考えたけど。

今の所この「再始動、再開」の余韻を楽しんでから、もう少し考えようと思う。

それぐらい、上書きしたくないぐらい、そんな夜だったから。

セットリスト

まだ始まったばかりなので、これからの人は見ないでね。

LiVEFANSにUPされていたものを元に自分のプレイリストの画像。

書くの大変だからw

これしか無い!という曲目だったと思う。

あらためて、おかえりなさい、The BONEZ!

 

21.4.28追記 祝!無事ツアー完走&追加公演(5.29 Zepp Tokyo)発表!

横浜の余韻もそのままに、自分の仕事の「板の上」に戻り、なんとか必死で食らいつく日々。
予定していたテレビ放送も決まり、そのための準備などでバタバタしつつも、BONEZのツアーの日は朝神社で「絶対宜しくおねがいします!!」と念じてました。大阪は特に爆発してたっぽいもんなあ。。!(笑)友人から歓喜の連絡が来てました。

そしてツアーファイナルの羽田を残し緊急事態宣言が発令されるものの、経過措置期間ということで無事開催(この「ライブカルチャーに対する、理解のない絨毯爆撃のような圧力」については2万字書いても足りないくらい言いたいことがあるけど、ここは押さえて)。

ライブ終盤はマクシムさんが縦横無尽のインスタライブで「ZEPP マクシムやん!」と思うくらい熱を伝えてくれて・・最高に嬉しかった。

そしてそして、最終曲「Hey,You」曲前MCでJESSE自ら追加公演の情報をDROP!(公式より引用させていただきました!すんません!!かっこいいんだもん!!!クリックで先行予約情報に飛べます)

既に先行販売もスタート済み。私ですか?昨日のインスタライブ終わるまでに速攻申し込み済に決まってるでしょうが!(笑)

その時の状況がどうか?なんてJESSEもMCで行ってたけどそんなもんわかりません。誰もどうにもできない。

俺らはただ日々の自分の仕事ややるべきことを全うして、The BONEZという、この時代の唯一無二のバンドの音楽にぶつかりに行くだけ。

また一つでっけえ楽しみができました。まずはチケット当たりますように!!!!!!

21.5.30 追記 追加公演行ってきました

昨日、追加公演も参加してきました。

正直、行くまではかなり悩みました。今ライブに行っていいのか、万が一があったらどうするか。

でも、ライブでの感染防止対策や感染実績がほぼ無いことについて他のバンドなどもこまめに発信してくれていたし、

「今、このときのThe BONEZを目に焼き付けたい」という思いで参戦してきました。

繰り返しメンバーが話していたように「ライブに来たことも、ライブに来ない選択をしたこともみんな正解」だし、誰もがBONERだと思います。

やっぱり、でも、生音に勝るものはないです。腹から突き上げる、耳を突き抜ける音。

これだなぁと。この人達にしか出せない音がそこにはありました。

セトリもツアー本編から2曲変更。
Broken CarとRude Boyに代わり演奏されたのはNice to meet youと、Adam & Eve。

アダムは「JESSEが降臨する」曲ですが、このご時世なのでフロアには飛んでこれない。
でも「落ち着いたら最初にそっちに飛ぶバンドマンは俺だから」という笑顔に嬉しさがたまらなかった。

音もだし、本当にMC、言葉が刺さりました。細かく書けないし、一言一句再現するのは野暮なので書かないけれど、Thread & Needleのときだったかな、、ZAXが拳を突き上げたんですよね。それに応じてみんなが拳を突き上げて、ZAXが本当に嬉しそうに笑っていた。

骨太の音と、明るいキャラクター、でも誰よりも繊細にBONEZというバンドの空気を作り上げるZAXという存在。
以前にも「ZAXが幸せそうにしてたら、BONERはみんな幸せだ」ということを書いたと思うのですが、やっぱり、それを再確認しました。

そしてそれを本当に嬉しそうに笑顔で見つめるJESSE。

生き様をむき出しで、感情も弱さもさらけ出して、「こいつに付いて行くと決めてるけど、俺たちの助けが必要なんだ」と思わせる「キャピコア船」の船長、唯一無二のロックスター。

そんな彼らに、バンドにみんな魅せられて、覚悟を決めてZEPP TOKYOに集まったんだなぁと痛感しました。
※開場待ちのときにたまたま近くに座って会話した一回り以上年下の若者も「ボーンズは特別なんですよね」と言っていた。言語化できない特別さがある。

「このあと夏フェスもある。そしてこれは秋のボーンズの始まりだから」

そうJESSEは言っていました。そう、終わらないし、続くんです。
いや、続ける。彼らも、俺らも。

自分は心からBONERだと思っているけれど、それ以上に、もう俺ら全員が「The BONEZ」なんだな、とそう思わせてくれた2時間でした。

「そうか、”We Are The BONEZ” ってそういう意味なんだ」と、この”PLUS”追加公演を全身で浴びて、心から理解ができました。

同じ時代を同じ船に乗って生きていること自体が誇らしいし、幸せなバンドがそこにいる、そこにある。

引き続き「総力を挙げて」一緒に漕いでいこう、そう思った日でした。

さあ、夏がくるぞ!


ALL HANDS ON DECK!

 

21.7.1追記 新譜「Rusted Car」リリース&フェス日程追加!

7月1日に新譜「Rusted Car」がリリースされました!
あの「Broken Car」はデモ音源(にしてはめちゃくちゃ完成度高かった)でしたが、それをベースに一発撮りとのこと!爽快なラウドチューン、夏にぴったりです。

また、9月4日横浜赤レンガ倉庫での「Local Green Festival’21」出演も発表。

トライアングルなど夏フェスに続き、秋の動きも楽しみですね!

21.8.25追記 フェス軒並み中止・・でも「LIVE」はいま、ここにある。

以前コロナは収まることを知らず、デルタ変異を持って驚異の感染力をもっています。

BONEZが出演予定だったTRIANGLE、JOIN ALIVE、LOCAL GREEN FESも軒並み中止が発表されました。

本当に、あの4月ツアー完走、5月追加公演がやりきれたことが奇跡と感謝で。

論文で証明された日本人特有の抗体も効かない。

ワクチンも完全な防御策ではない。それでも・・・

俺たちの大好きなボーンズは歩みを止めません。

今だから、今こその、「We Are The BONEZ TOUR」の映像作品。

言葉は要らないっすよね。待ってます。

 

21.9.6追記 LIVE AND NOW到着&鑑賞しました

思いのほか、ブックレット付きBlu-ray Discの到着が早かった!ありがたいことです。

観た感想は・・とにかく彼らと同じ時代に生きていてよかったなぁ、、ということ。

中身の詳細はあくまで購入しないとというところで、下記のダイジェストをご覧いただくとして・・・

※すでに円盤は完売ですが、ダウンロード版も販売されるそうです。

うーんうまく言葉にできません。何を言っても野暮になる気がする(笑)

ただただ、The BONEZというバンドは多くの人にとって特別なロックバンドであり、人生の支えであり、生きがいであるということ。僕も例外ではありません。

こんな奇跡のようなバンドは2つとしてない。今こうして共に生きられることを噛み締めた、そんな2時間でした。

そして今日もこれを叫びたいと思いました。

 

We are The BONEZ!!!!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家(煮込みスト)、コンビニ料理研究家、コーヒー研究家としての顔も持つ。 「料理と人生を楽しくするマンツーマン料理レッスン」を主宰。 食イベント「ビストロダイちゃん」や出張シェフなど食体験提供も行う。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」レシピ開発・監修を担当。 2021年フジテレビ系列「Kinki Kidsのブンブブーン」に煮込み料理研究家として出演。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.