あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

【レシピ】瓶に入れて混ぜるだけ!何にでも合う黒オリーブ味噌

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。
こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。
 
今日は、美味しくて健康的、かつ簡単で使いまわししやすいといういいことづくめの自家製調味料「黒オリーブ味噌」のレシピをご紹介します。
 

このレシピの生い立ちとストーリー

このレシピ、実は「冷蔵庫の余りで思いつき」でした。
特に、黒オリーブをアクアパッツァ用に買ったものの、他に意外と出番がなくて・・・

そんなときに「これ、味噌と混ぜたらオリーブの旨味が味噌に出汁として溶け出して、美味しいのでは?」とキッチンで洗い物をしながら思い浮かんだのがきっかけ。

洗い物を終えて、そのまま流れで作ってみた、くらいのカジュアルな開発経緯でした。
結果、大当たり!リズムとノリでつくるのも大切だなと感じました。

黒オリーブの健康効果と味噌の健康効果の掛け算

日本人なら多くの人が親しんでいる味噌。
その効能は、原材料である大豆そのもののたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルさらに、麹の働きで発酵することによって、これらの物質の消化吸収が良くなり、栄養価もいっそう高まるのです。

オリーブも健康食材として知られています。
オレイン酸を代表とする「一価不飽和脂肪酸」を豊富に含み、血中の悪玉コレステロール値を低下させる働きが認められています(しかも善玉コレステロールは残しながら)。

またビタミンEも豊富に含むので抗酸化作用で老化防止!にも。
 
栄養!健康!なコラボレーションなのです。
 
 
 

 調理時間  2分

材料リスト

(具材)小瓶の場合(食べるラー油やご飯ですよ、の瓶ぐらいのサイズをイメージしてください)

完成イメージ

お好きなみそ 大さじ1.5
刻みねぎ・しょうが 1かけ分ずつ
種無し黒オリーブ 5−6個 
酢漬けケッパー 4−5粒(なくてもよい)
食べるラー油 少々
オリーブオイル 大さじ2
みりん 小さじ1

酢漬けケッパーはこれまたアクアパッツァのあまりでさほど使わず、だったので入れました。わかるかわからないか?くらいの酸味は付きますがどちらかというと食感メインの存在感。わざわざ買うぐらいなら入れなくていいですよ、ぐらいの材料と思っていただいて結構です。

ダイちゃん

レシピの手順

(1)瓶に黒オリーブを入れる。

(2)味噌、食べるラー油を加える

(3)しょうが、ねぎをみじん切りにして加える

(4)ケッパー、オリーブオイルを入れて混ぜたら完成

味噌の塩分と発酵効果で1週間位は持ちます。入れている具材の分量も少ないですし激しく傷むことはないですが、それでも1週間から10日位で食べきるほうがいいでしょう

ダイちゃん

アレンジレシピ

鶏ハムとチーズと

鶏ハムの塩と肉の旨味にチーズをそえて、この味噌を足すことで味全体を心地よい酸味とオイリー感で纏うことができます。
濃厚な味噌ラーメンのスープを凝縮したような芳醇な旨味の中に鶏チャーシューが泳ぐような食体験はたまらないですよ。

鶏ハムのレシピはこちら

白米にのせて

白米の甘みや旨味に、味噌の塩分と発酵の香り。
さらに黒オリーブが醸し出す、味噌とはまた違ったフルーティーなしょっぱさが重なります。
白米を食べているのに、口の中にヨーロッパの港の潮風が香るような、そんな一膳が味わえますよ。

味噌とオリーブオイルが絡み合ったとろりとしたペーストは、白米が絶妙に纏うので箸が止まらずおかわり必須です。

ベーシックな味噌汁、納豆などの和定食にもぴったりですし

トマトを使った煮込み料理に合わせる白米に乗せても、このオリーブ味噌が持つ「ヨーロッパの潮風」が絶妙にマッチングします。

心にも身体にも舌にも「健康」を感じられるレシピです。ぜひお試しあれ!

ジャスミンハイ、または白ワインで
豊富なパターンの美味しい塩味を爽やかにいただく

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.