毎日の料理が楽しくなれば、人生はもっと愉しい

一人暮らしの朝食にも晩酌にも!簡単チーズホットドッグ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、料理研究家のダイちゃんです。

今日は朝食にも、ビールのつまみにもピッタリのシンプルなチーズ・ホットドッグレシピをご紹介します。

ホットドッグといえば・・・あなたはどう?

ホットドッグ・・・というとあなたはどんなイメージを浮かべるでしょうか?

あの店のあれが美味い。コンビニのレンチンするやつ。海外生活経験者は、想い出のホットドッグがあるのかな、とか。。

私の場合はモスバーガーの「スパイシーチリドッグ」が最初のホットドッグの思い出です。

※モスバーガー公式サイトより引用させていただきました

シンプルながら肉汁感の豊かなソーセージ、絶妙に辛いチリソース、味全体に絶妙なスパイスをふりかけるハラペーニョ・・・こうして書いていて無性に食べたくなります。

最初の出会いは小学校3年生位。。9歳下10歳の頃でしょうか。

我が故郷大分県の臼杵市には、ファーストフード店はおろかゲームソフトを買える店もまばらでした。

その頃は、親が運転する車で、山を切り拓いたトンネル・バイパスを30分ほど走り抜けた隣の市である「セメントの街」津久見市の「ミスターマックス」に連れて行ってもらうことが定番。

そのミスターマックスの向かいに、モスバーガーがあったんですよね。
※今調べたらすでに閉店していて、私が高校の頃に出来た臼杵のモスバーガーが検索に表示されました

当時、マクドナルドやロッテリアなどの外資系ファーストフードは大分市内(=臼杵からは電車で50分以上、車だと当時は高速がないので、有料バイパスをつかっても1時間以上かかる)にしか存在せず、「ハンバーガー」や「フライトポテト」「シェーク」のような「いかにもなそれら」は幻の存在でした。

そんなときにたまに津久見に行き、食べられる(テイクアウトもしていたな)ハンバーガーは今でも想い出深いものです。

そのときになぜか定番として合わせ買いしていた「スパイシーチリドッグ」。自分で選んだというよりは家族が選んだのかもしれません(記憶が定かではないw)

今でも変わらない定番の味。なのにわざわざ「結構辛口」。ポジティブに捉えれば、その後のチャレンジャブルな生き方?を示唆していた・・というのは大げさですね(笑)

ただでさえ腹減ってるところに個人的エピソードを挟んですみません(笑)

このレシピが良いところは

 

・塗って挟んで焼くだけなので、とにかく簡単

・スーパーで買える材料で作れる

・ソースやソーセージを変えれば味変も楽ちん

簡単かつバラエティが付けやすいところ!ぜひお試しあれ。

 所要時間 10分程度

材料(大体のスーパーで揃うので、初心者にも最適)

■材料(1人分=1個と想定)

ホットドッグ用パン 1本(大体5個入りとかでスーパーに売ってます)

ソーセージ 1本

これはお好みですが、少し贅沢するならジョンソンヴィルなんかはおすすめです。様々なフレーバーやスパイスが楽しく、肉汁感満載で幸せになれますよ

ダイちゃん

とろけるチーズ 1枚
瓶詰め刻みピクルス(レリッシュ)大さじ1

ハインツ トマトケチャップ お好みの量(小さじ1くらいがよい)
ハンツ イエローマスタード お好みの量(小さじ1/2くらいがよい)
タバスコ 少々(有無はお好みで)

スパイシーチリドッグの想い出がこの辺にインスパイアしとるのうw

ひげのマスター

ブラックペッパー 少々

初心者にも優しい!シンプルレシピな手順

(1)ホットドッグ用パンを開き、レリッシュを塗り、タバスコをふる

(2)ソーセージをのせ、ケチャップとマスタードをかけて、チーズを手で半分にさき、半分にしたものを2枚重ねする

(3)ブラックペッパーをふり、オーブントースターで4分焼く

(4)チーズがとろけたらオーブントースターから出して盛り付ける

まとめ 誰しもある、想い出の味

私にとってのスパイシーチリドッグのような料理、味がきっとこれを読んでいるあなたにもあるだろうな、と思いながら書き、とても楽しい気持ちになりました。

ぜひ、私のTwitter宛に「わたしの思い出の味」教えていただけると嬉しいです。

コカ・コーラ タブクリア

これ、覚えている方いらっしゃるでしょうか?(笑)1993年に一瞬だけ発売された透明のコカ・コーラ・・透明にした意味がわからない味、違和感。1度しか飲んでいないのに、強烈に記憶に残っています。いつもならお料理に合うお酒を提案していますが、今回はあえて「思い出の味」を別の角度からw

ダイちゃん

この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.