毎日の料理が楽しくなれば、人生はもっと愉しい

【レビュー】これ一台あれば完璧!クーベルのステンレスフライパン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ダイちゃんです。

今日は新しい道具との出会いを熱く語りたい!

その名もkübell(クーベル)のステンレスフライパンです!

kübell(クーベル)のステンレスフライパンと出会った

kübell(クーベル)はアウトドア企業から生まれた「食卓に笑顔があふれる」キッチンウェアブランド。

その出会いは偶然でした。

いつものようにインスタや検索で、ふらふらーっと料理道具を見ていたのですが、なかなか最近「これは!」というものに出会えませんでした。

鉄鍋やフライパンは充分にあるし、ステンレス鍋や包丁も事足りてるし、、

 

ふいに私の前に現れた燕三条産ステンレスボディ

なんて思っていたところに、かなり好みなビジュアルの「ステンレスのフライパン」を発見。

それがkübellでした。

調べていくと、元々はキャンプ場などのプロデュースをするメーカーさんが、クラウドファンディングで作ったプロダクトとのこと。
調達目標額の200%超を達成していて、「それだけ期待と信頼があるメーカーなんだな」と興味を抱きました。
金物技術で定評のある新潟・燕三条の老舗「フジノス」生産であることも安心感。

しかし、過去にもフライパンの記事を何度も書いているし、家にフライパンだけで5個くらいあるし・・と「フライパン持ち」の自分は一瞬考えました。

「確かにフライパン、たくさんあるけど、鉄フライパンは焦げ付くし、ホーローコーティングの鉄フライパンも何気にケアめんどくさいし、何より底面が黒だから材料の色が映えないんだよなあ、、

無人島に1台これだけ持っていける、というフライパンはまだないんだよな。

その点では・・このフライパン、三層ステンレスな上に、軽量だし、何より家でも山でも映えそうだな!!」

と一目惚れしたのです。

ここからは、オーダーして到着し、使ってみた第一印象と、使い勝手の本音を書いてみたいと思います!

※細かい機能や素材、スペックは商品ページのほうがまとまっててわかりやすいので こちら をご覧ください♪

到着即開封、そして使用

そんなわけで速攻オーダー。

早速届いたので、開封。シンプルな梱包と丁寧な説明書が印象的。

包装を外して本体と対面。

ボディはブラックとレッドがありますが、まずは無難に1台目ということでブラックをセレクト。
※なんとクラファン当初は直火対応の塗装もしていたらしいのですが、諸般の事情で現在は直火は対応しておらず、ガス火とIH対応のみとのこと。
まあ実際焚火などの直火で使うとすすもすごいし、塗装ありのフライパンよりは鉄削り出しのフライパンのほうが安心なので、そんなに支障はないですね、個人的には。

 

クーベルのフライパンで早速料理してみた

開封して満足!ではもちろん飽き足らず、早速料理してみました。

まず感じたのは「シルバーのボディだから出来る映え」

わかってはいたことなのですが、ステンレスのシルバーボディが底面であることで、油も食材もとても見やすく、写真に撮っても動画にしても「映える」なあと思いました。

鉄のやアルミのフライパンは持っているのですが、メンテナンスも面倒だし取っ手が熱くなるし、毎日ガシガシ使うには丈夫さ以上に「めんどくさい」が先にくるんですよね・・

その点クーベルはステンレス3層構造で丈夫だし、取っ手もブナ材なので熱くならないから素手で使える。

予熱してから油をいれて温めて、自家製鶏ハムをソテーしたのですが、加温が早く全体にバランス良く熱も回っているし、深めの作りで油はねも気にならない。

さらにスムーズな加温と、ケアのしやすさも魅力

次の日の朝は野菜とハムを焼きながら目玉焼きも焼いてみたのですが、鉄やホーローのフライパンなら、どれだけ予熱して油を敷いてもまず焦げ付いたりくっつく白身のタンパク質が全然焦げ付かない。

わずかにこびりついた部分もありましたが、公式サイトに説明 もある通りガシガシ洗えるので、あっという間にきれいに。

何度か使用して、洗い方も適当でも、こんな感じ。
※右下の汚れも撮影してみて初めて気づいたくらい。このあと何度か使って、しっかり目に洗ったらきれいになりました。神経質な方は重曹などを焚けば更にきれいになりますけど、まあ使い込むものですからね、こういうのは。

深さが十分あるので煮物も作りやすい

大抵のフライパンは高さ自体が6-7cmであることが多いですが、このフライパンは10cmあります。

底面からサイドの斜面もなだらかで、前述したような油はねがシンクに散ることを防ぐ効果もありますが、ちょっとした煮物にもめちゃくちゃ便利だということがわかりました。

内径は24cmなので、大抵のフライパン用の蓋がハマりますので、炒め、焼きに飽きた具材やメニューを味変して煮物にする献立応用にも使いやすいです。

保温性も高いので、他の料理をしている間に一気に冷める、ということもなかったです。

 

絵になるのでそのまま食卓に出せる

自分は一人暮らしなので、可能な限り洗い物は減らしたいです。

このフライパンは見た目もおしゃれなので、シルバーの深皿気分で食卓にこのまま出すことも結構ありだなと思って、そうしてます。

実際こう見ても違和感ないですもんね。

このような感じで毎日使っています。

とにかく

  1. ケアがしやすくて丈夫
  2. 料理していても食材が映えてワクワクする
  3. 炒める、煮る、焼くなど万能

なのが素晴らしいですね。

 

まとめ フライパン1台だけ選べと言われたら迷わずコレにする逸品

まだ使い始めて数日ですが「もっと早く出会いたかった」と思える道具になっています。

世の中に素晴らしいフライパンはたくさんあるし、自分も何台も愛用しています。

それぞれに良さがあるし、比較はできないし、愛着もあります。

でも「どうしても1台だけ選んでくれ」と言われたら、私はこの1台を選びますね。

毎日料理していて、道具も何十種類も使ってきた私が、使って数日でここまで惚れ込む道具なのですよ。何度も言いますが使いやすさ、丈夫さ、ケアのしやすさ、料理を楽しくしてくれるビジュアル。

毎日使うものだからこそ、ちょっとしたことが大きな差になるので、そういった「かゆいところに手が届く」を満たしてくれる道具というのは、多くの人に魅力を伝えたいと心から思うのです。
それが好きでブログも、料理研究家もやっていますからね!

あまりに好きすぎて・・・

なお、あまりにグッと来たので、作り手さんにコンタクトして交渉し、「kübellフライパンアンバサダー第一号」に就任させていただくことになりました(笑)

我ながらさすがのコミュ力、、、と自分で言うのはなんですが、本当にいいと思うものは自信持って使えるし人にも教えたくなるので、嬉しいはからいをいただいて光栄です。

さあ、これからもっとガンガン使ってみます!

 

YouTube見るクーベルフライパン使い心地(30秒動画)

より臨場感を持ってお伝えするために、短いですが使用感を動画にしました。

 

使ってみたい!という人へ

下記から商品のページに飛べるので、ぜひ見に行ってみてください。

※なんと安心の「30日間返金保証」もあります。
まずは購入して使ってみてほしい!というメーカーの自信も感じますよね。

もし「買ったよ!」「使ったよ!」という方は、私の公式LINEあてに教えて下さいね。
インスタでもOKです。
色んな使い方を試しているので、話しましょう!

商品をより詳細に知りたい方、購入したい方

こちらでご覧になれます(画像をクリック)

 

暖かくなったら、このフライパンを持ってキャンプに行きたいですね〜!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2022 All Rights Reserved.