あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

言葉と、料理と(2)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 「料理と人生を楽しくするマンツーマン料理レッスン」や「ビストロダイちゃん」などの料理を「教える」「体験する」ことを軸としたサービスに加え、プロフォトグラファーとしてのスキルも掛け算した「企画から開発・撮影までワンストップのレシピ開発サービス」などのメディア・媒体向けサービスも提供。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」でコンビニ料理研究家としてレシピ開発・監修を担当。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。
昨日に続いて、この思考を巡らせる続きの試行を。

 

コトニスルー方式

 

最近自分の中で「煮込み料理」と同じくらいブームなこと

それが「コトニスルー方式」という「言葉の手法」です。
※コトニ、というのがコトコト煮込む、を想起させますが!

「自分はモテる、ことにする」
「自分はカワイイ、ことにする」
「このチャレンジはうまくいく、ことにする」

結論をきめちゃう。
未来を決めちゃう。

「結果を決めて努力で帳尻!」(C)松薔薇
ではないですが、

・弱気になりがち
・過去の失敗や挫折にとらわれがち
・人の目や意見に影響されがち
※つまり私

な人こそ

「うまくいく、と決めちゃう」
→それを演じきっていつのまにか理想の演技が現実になってる

という手法がいいと思っています。

コトニスルー方式、試してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 「料理と人生を楽しくするマンツーマン料理レッスン」や「ビストロダイちゃん」などの料理を「教える」「体験する」ことを軸としたサービスに加え、プロフォトグラファーとしてのスキルも掛け算した「企画から開発・撮影までワンストップのレシピ開発サービス」などのメディア・媒体向けサービスも提供。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」でコンビニ料理研究家としてレシピ開発・監修を担当。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.