毎日の料理が楽しくなれば、人生はもっと愉しい

言葉と、料理と(2)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、料理研究家のダイちゃんです。
昨日に続いて、この思考を巡らせる続きの試行を。

 

コトニスルー方式

 

最近自分の中で「煮込み料理」と同じくらいブームなこと

それが「コトニスルー方式」という「言葉の手法」です。
※コトニ、というのがコトコト煮込む、を想起させますが!

「自分はモテる、ことにする」
「自分はカワイイ、ことにする」
「このチャレンジはうまくいく、ことにする」

結論をきめちゃう。
未来を決めちゃう。

「結果を決めて努力で帳尻!」(C)松薔薇
ではないですが、

・弱気になりがち
・過去の失敗や挫折にとらわれがち
・人の目や意見に影響されがち
※つまり私

な人こそ

「うまくいく、と決めちゃう」
→それを演じきっていつのまにか理想の演技が現実になってる

という手法がいいと思っています。

コトニスルー方式、試してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.