毎日の料理が楽しくなれば、人生はもっと愉しい

言葉と、料理と(1)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、料理研究家のダイちゃんです。

今日はちょっと雑記っぽい話ですが。。最近痛感したことを書いてみます。

 

言葉が思考を作り、食べたものが体を作る

 

身体にとってのエネルギーは言うまでもなく、摂取する食べ物によるエネルギーです。

脳にとってはブドウ糖なわけですが、脳、というより「心」「精神」にとっての栄養は、まぎれもなく「言葉」

人生を変えたければ、環境や、付き合う人や、住む場所を変えよ、というのもたしかにですが

1.食べるもの

2.取りいれる言葉

3.使う言葉

を変えるというのも、とても効果が大きいと思います。

脳内対話(セルフトーク)は一日に4万ー6万回行われているそう

ソース

1日の食事はたったの3回しかないけれど、脳内対話が4万回もあるのなら、そこで使う言葉は心の栄養に、ましてや人生そのものに大きな影響を及ぼします。

僕自身、この脳内対話の言葉が「ひどく汚れて」「ネガティブだった」時期が本当に長い。

これを少しずつ克服している道程なのですが、そのプロセスや影響について、このシリーズで今後書いていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.