毎日が楽しくなる酒呑み&煮込み料理の専門家

言葉と、料理と(1)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる酒呑み料理の専門家、料理写真家。 煮込み料理研究家(煮込みスト)、コンビニ料理研究家、コーヒー研究家としての顔も持つ。 「毎日料理したくなるインスタ料理写真講座」を主宰。 食イベント「ビストロダイちゃん」や出張シェフなど食体験提供も行う。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」レシピ開発・監修を担当。 2021年フジテレビ系列「Kinki Kidsのブンブブーン」に煮込み料理研究家として出演。

こんにちは、料理研究家のダイちゃんです。

今日はちょっと雑記っぽい話ですが。。最近痛感したことを書いてみます。

 

言葉が思考を作り、食べたものが体を作る

 

身体にとってのエネルギーは言うまでもなく、摂取する食べ物によるエネルギーです。

脳にとってはブドウ糖なわけですが、脳、というより「心」「精神」にとっての栄養は、まぎれもなく「言葉」

人生を変えたければ、環境や、付き合う人や、住む場所を変えよ、というのもたしかにですが

1.食べるもの

2.取りいれる言葉

3.使う言葉

を変えるというのも、とても効果が大きいと思います。

脳内対話(セルフトーク)は一日に4万ー6万回行われているそう

ソース

1日の食事はたったの3回しかないけれど、脳内対話が4万回もあるのなら、そこで使う言葉は心の栄養に、ましてや人生そのものに大きな影響を及ぼします。

僕自身、この脳内対話の言葉が「ひどく汚れて」「ネガティブだった」時期が本当に長い。

これを少しずつ克服している道程なのですが、そのプロセスや影響について、このシリーズで今後書いていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる酒呑み料理の専門家、料理写真家。 煮込み料理研究家(煮込みスト)、コンビニ料理研究家、コーヒー研究家としての顔も持つ。 「毎日料理したくなるインスタ料理写真講座」を主宰。 食イベント「ビストロダイちゃん」や出張シェフなど食体験提供も行う。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」レシピ開発・監修を担当。 2021年フジテレビ系列「Kinki Kidsのブンブブーン」に煮込み料理研究家として出演。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.