毎日が楽しくなる酒呑み&煮込み料理の専門家

正解のないこの時代に、何を大切にして生きていくか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる酒呑み料理の専門家、料理写真家。 煮込み料理研究家(煮込みスト)、コンビニ料理研究家、コーヒー研究家としての顔も持つ。 「毎日料理したくなるインスタ料理写真講座」を主宰。 食イベント「ビストロダイちゃん」や出張シェフなど食体験提供も行う。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」レシピ開発・監修を担当。 2021年フジテレビ系列「Kinki Kidsのブンブブーン」に煮込み料理研究家として出演。
生涯結婚しない人もいれば、結婚していても貪欲に浮気や不倫をする人もいて、不思議なくらいにゴールのない不倫の泥沼にハマる人もいる。
 
そんなものは各人の自由だし「元気だな、すげーな」とただただ思う。すごいわ。
恋愛や性愛にエネルギーそんだけ割けるのがすごい。きっとそれが生きがいだし、それによって魂が潤うんだろうから。それは人それぞれ。
 
自分は一度縁に恵まれ結婚したが、自身の欠落に良くないマッチングをして生まれた縁だったので、ただただ地獄のような体験だった。
未熟な人間同士の支配と共依存に幸せはないのだが、若いときはわからないものだ。どちらが悪いとかではない、食べ合わせが悪くてお腹を下すようなものだと思う(ほんとこれ)。
 
今は1人が楽だし、自分の遺伝子を残したいなんて1ミリも思わない。
自己卑下ではなく、元来才能に恵まれたり、家柄に恵まれた人が子孫を残せばいいと思うし、自分のように早く親から離れて、なんとか親に恩返ししたいと様々な試行錯誤を経ても、大人同士の対話も交流もできなかった人間からしたら
 
「ああいう体験を再生産したくないな」と自然と思う。

結婚して子育てして一人前、みたいなことを言われたことがあるが、いいたくなる気持ちもわかるけど、身辺の都合や身体の問題でそれがかなわない人への配慮はそういった人にはないんだろうなあ、と思う。一人前と言う割には想像力皆無なのが面白いけれど。
 
もはやアクセクシャルじゃないか?というぐらい女性に惚れることなんてほぼない。先にめんどくさいが来る。
 
別に全てを自力で叶えてきたなんてとても思えないし、特に東京に来てから多くの邂逅に救われ、ギリギリ生き延びてきた。
 
うまく行かなかったり、トラブルに見舞われることだってある。それを、自分で自戒して「このように改善していこう」と都度思うが、他人に「被害者根性」みたいなジャッジをされると気分はいいわけがない。

でも、「自分はわきまえていて、お前は未熟である」という眼鏡から世界を見ている人は、相手を自分より下に置くことでしか自分を確認できなかったりする。

そういう人は自身の成熟を他人の未熟を通してでしか感じられないんだろうなあ、とその事実を受け止めた上でその場の解釈に閉じる。感情や評価に繋げないのがポイントだ。
「そうですか」とその場で終わる。
 
おそらく自分の両親が死んでも、事業の借金が残るだけで、粛々と葬儀をして相続放棄して終わるだけだろう。
 
18で家を出て、大学まで行かせてもらったことは感謝しているが、大学をでてからの17年間、何度大人と大人の対話を試みても「親を困らせるな」の一点張りだけだった。
 
東京オリンピックで才能とポジティブあふれる選手たちと、時折現れる親御さんたちの俯瞰と子への信頼と薫陶を見て、異世界の出来事のように思っていた。
 
就職先も産業も終わりきっている地方都市から出て、東京で必死で生き抜いている自分への親の言葉は「お前ごときが身の程を知れ」だったことを思い出し、
 
「親ガチャ、なんて自助努力の放棄だ」という文章を読んで「いや、ここまでやってきてまだ頑張らなあかんの?」と思ったのは事実だ。
 
別にだからといって「自分はガチャハズレなんで親が悪い」なんて思っている時間はないし、自分の人生は自分で切り開くしかない。※でもガチャがほんとにあるなら、かなりのハズレの部類だと思っている。死ぬ気でここまで這い上がってきたからなおさら。
 
そんなコト言ってる間に人生は終わるので、ひとつひとつやれることをやって、「誰にもガタガタ言わせずに、自分の思ったように腹決めて行動して、前進する」生き方をするために日々改善する、それだけ。
 
まあでも、それくらいなんにも持ってない状態で生まれてここまでやってきて、また誰かと一緒になろうなんて思わないのも事実ではある。
 
自分の年齢で婚活(絶対しないけどw)したとして、相手が求めているのは年収と、完成された人格だったりするわけで。
 
となると、自己卑下でもなんでもなく、誰のために生きるかと言うと家族でも親でもなく、自分自身と、自分にとって大切な人、大好きな人達ということになる。
 
つまるところ、そういった人たちと楽しく過ごしたり、その人達にありがとうを伝えるために時間やお金や心をかけることだと思う。
 
結婚は考えられないなあ。子供なんてなおさら。自分のような辛さを再体験させたくないよ。
 
そんな事考えた。というメモ。
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる酒呑み料理の専門家、料理写真家。 煮込み料理研究家(煮込みスト)、コンビニ料理研究家、コーヒー研究家としての顔も持つ。 「毎日料理したくなるインスタ料理写真講座」を主宰。 食イベント「ビストロダイちゃん」や出張シェフなど食体験提供も行う。 料理ジャンルとしては、煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。 2021年地上波初出演、フジテレビ系列「林修のニッポンドリル」レシピ開発・監修を担当。 2021年フジテレビ系列「Kinki Kidsのブンブブーン」に煮込み料理研究家として出演。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.