あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

人生が好転するブログの書き方続け方がわかる記事 3選 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
人モテ料理研究家、煮込み料理家(煮込みスト)、フォトグラファー 兼 一般企業サラリーマン 日本煮込み料理協会主宰。 料理と写真と音楽とキャンプをこよなく愛する。 見た目がクマっぽいのでクマさんとも呼ばれがち。 料理経験0から自炊習慣を構築 1000人以上を撮影したプロフォトグラファーとしての撮影技術と経験、ディスカヴァー編集学校を卒業した文章力、料理スタイリング学校の専門知識を活かしながらレシピ開発と制作、撮影を100件以上行う。 16年以上の紆余曲折サラリーマン経験も生かした仕事術、生き方アドバイスも得意。 好きな調理道具はストウブ、ツヴィリング、バーミキュラ、snowpeakクッカー。 その独創的で美味な煮込み料理にはファンが多く、ストウブ公式ページにもレシピと料理写真が採用されている。バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」においてもレシピが公式にPICK UP採用され、人気ランキング1位を獲得。 ロックバンドとプロレスに人生を支えられている。 大好きなバンドはTHE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Children、10-FEET、Dragon Ash、東京スカパラダイスオーケストラ、The Birthday、ROTTENGRAFFTY、打首獄門同好会他。 人生で最も影響を受けたレスラーは棚橋弘至、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎。 自分自身が人生でもらってきたギフトをたくさんの人にシェアし、その方の人生がより良く、楽しいものになることを願い、毎日ブログを書いています。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

連続更新154日目、ありがとうございます。

このブログも連続更新を5ヶ月以上行ってきました。

そこでわかるのが「過去の人気記事・良記事も埋もれがち!」ということ。トップページやサイドバーにも動線をつけてありますが、能動的に見に行かないとなかなかたどり着けないのも事実。

ということで、ちょくちょく「過去の人気記事・良記事をテーマ別にまとめた記事」もお送りするようにしました。

今日は「自身がブログを継続してきたことで好転したこと」「継続じたいのコツ」を綴った3記事を紹介します!

 

ブログのおかげで人生が好転 そのことを綴った3記事

ブログ、と一言に言いますが、私が表しているブログは「日記、雑記」的なものではなく、読んだ人の課題解決や気付きにつながる「資産ブログ」を指しています。

タレントさんであればプライベートをブログにチラ見せすることが「商品」になりますが、一般人である私がそれを書いても誰も喜びません(笑)

なので、「自身ならではの経験」や「挫折からの復活」「特殊な技能」などを、「誰かの役に立つことを考えて」書き続けるのが「資産ブログ」と理解していただければと思います。

「ブログをやっています」と初対面の方に伝えてもなかなかこの点が伝わらないのが難しいですが(笑)ご挨拶した瞬間「ああ!読んでます!」と言われるぐらい研ぎ澄ませたいものです

ダイちゃん

そうやって「誰かの役に立つように」とブログを書き続けて、多くの成長と気づきが有りました。そういったことを綴った記事をセレクトしてお送りします。

 

知を共有することの意味

「残す」「伝える」「続ける」の3つの観点を徹底的に重視し、繰り返すことで、ブログを通して自分のクオリティが向上していった経験について書いた記事です。ブログは「ただなんとなく、書く」もののではなく「継続して学ぶ」ための手段なのです。

ダイちゃん

 

ブログを書くことによって身につく個人力

ブログ=じぶん事業会社、と定義し、「企画力」「見せ方」「伝え方」の3つの力を鍛えるすべになる、ということを書いた記事です。これらの力はビジネスの現場でも、日常を過ごす上でも不可欠の能力。それを楽しみながらつけられるのがブログを書くことなのです

ダイちゃん

 

0が100になる 積み上げの力

連続更新100日目、という「最初の大台」に乗った時に書いた記事です。表現や構成は拙いはずなのに、「得も言われぬ勢いと説得力と熱」を感じる内容になっています。今書け、と言われても多分書けない(笑)でもそれだけ、自分の変化を感じていたんでしょうね。今読んで拙いと感じるということは、ここから50日さらに書き続けたことでまた成長した、ということです。この記事は初めて人に「これ無料で見せていいの?」と言われて嬉しかったのを覚えています

ダイちゃん

 

まとめ 継続が一番むずかしい、から続ける

「継続は力なり」飽きるほど聞いた言葉でも、実践するのは本当に難しいです。

私自身も始めた当初はこれまでの失敗・挫折から「どうせ続かないだろう」なんて自分にタカをくくっていたこともあった。

でも、今は楽しく、堂々と続けられています。その事自体が、他でもない自分を癒やしています。「私は続けられる人間になったんだ」と。とても大きなことです。

このブログではいろんなことをお伝えしたくて、多くのテーマで書いていますが、根底にあるのはいつも「あなたの心とお腹を満たす」ということです。

美味しいものをつくってもらうため、目で楽しんでもらうため、心をふっと軽くするため、軽くなった心に新しいしあわせが収納できるようにするため・・・

何より、このブログを始める前の、料理を始める前の私自身が欲しかったもの。

その気持ちを忘れずに、これからも書いていこうと思います。

♪何度でも 何度でも 君は生まれ変わっていける そしていつか捨ててきた夢の続きを

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
人モテ料理研究家、煮込み料理家(煮込みスト)、フォトグラファー 兼 一般企業サラリーマン 日本煮込み料理協会主宰。 料理と写真と音楽とキャンプをこよなく愛する。 見た目がクマっぽいのでクマさんとも呼ばれがち。 料理経験0から自炊習慣を構築 1000人以上を撮影したプロフォトグラファーとしての撮影技術と経験、ディスカヴァー編集学校を卒業した文章力、料理スタイリング学校の専門知識を活かしながらレシピ開発と制作、撮影を100件以上行う。 16年以上の紆余曲折サラリーマン経験も生かした仕事術、生き方アドバイスも得意。 好きな調理道具はストウブ、ツヴィリング、バーミキュラ、snowpeakクッカー。 その独創的で美味な煮込み料理にはファンが多く、ストウブ公式ページにもレシピと料理写真が採用されている。バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」においてもレシピが公式にPICK UP採用され、人気ランキング1位を獲得。 ロックバンドとプロレスに人生を支えられている。 大好きなバンドはTHE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Children、10-FEET、Dragon Ash、東京スカパラダイスオーケストラ、The Birthday、ROTTENGRAFFTY、打首獄門同好会他。 人生で最も影響を受けたレスラーは棚橋弘至、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎。 自分自身が人生でもらってきたギフトをたくさんの人にシェアし、その方の人生がより良く、楽しいものになることを願い、毎日ブログを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.