あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

将来が不安ならブログを書こう!今と未来の自分を助ける3つのメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
人モテ料理研究家、煮込み料理家(煮込みスト)、フォトグラファー 兼 一般企業サラリーマン 日本煮込み料理協会主宰。 料理と写真と音楽とキャンプをこよなく愛する。 見た目がクマっぽいのでクマさんとも呼ばれがち。 料理経験0から自炊習慣を構築 1000人以上を撮影したプロフォトグラファーとしての撮影技術と経験、ディスカヴァー編集学校を卒業した文章力、料理スタイリング学校の専門知識を活かしながらレシピ開発と制作、撮影を100件以上行う。 16年以上の紆余曲折サラリーマン経験も生かした仕事術、生き方アドバイスも得意。 好きな調理道具はストウブ、ツヴィリング、snowpeakクッカー。 ロックバンドとプロレスに人生を支えられている。 大好きなバンドはTHE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Children、10-FEET、Dragon Ash、東京スカパラダイスオーケストラ、The Birthday、ROTTENGRAFFTY、打首獄門同好会他。 人生で最も影響を受けたレスラーは棚橋弘至、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎。 自分自身が人生でもらってきたギフトをたくさんの人にシェアし、その方の人生がより良く、楽しいものになることを願い、毎日ブログを書いています。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

なかなか落ち着かない日々、皆さん毎日置かれた状況や、気持ちも変わっていることと思います。不安な将来、仕事はどうなるだろう?これからの自分の未来は?

今日は「そんなときこそ、今と未来の自分を助けるために『ブログ』を始めましょう!」というご提案をしてみようと思います。

この記事で伝えたいこと

「ブログを書く」ことで得られる、今と未来の自分を助ける3つのメリット

  • 自分の「好き」や「経験」を誰かと共有することで仲間ができる
  • コンテンツをつくり発信する技術が身につき本業・副業に活かせる
  • 更新を続けることで他者に頼らず「自己肯定感」を養える

 

自分の「好き」や「経験」を誰かと共有することで仲間ができる

レシピも、書いて残し、発信なければただの「日々の食事」

上記に貼ったのは、僕が「何気なく」日々の食事としてつくった料理。
誰かにレシピを書いてほしいと依頼されたわけでもなく、スーパーに買物に行って(それこそ近所にある、皆さんご存知の「ライフ」)この食材とこの食材だと美味しそうだなぁ、と考えてつくったもの。

もし「書き残さず」「ブログに書かなければ」自分で食べて、おしまいです。
だけれど、写真に撮って、レシピを書き起こして、ブログにアップすることで
「美味しそう」と思った誰かの食卓に華を添える可能性が出てくるのです。

写真のレシピはこちら!

自分ではありふれた経験だと思っていても、人によってはかけがえのない情報

日本人には「謙虚」な人が多い傾向にあります。これはデータを示さなくても、日々皆さんが生活していて、なんとなく理解できる事実ですよね。

だからきっと、私があなたの「経験」を聞いて、「それはすごいですね!」と伝えても

「そんなの当たり前のようにやってるから・・」
「いえいえ、私よりすごい人なんてたくさんいますから・・・」

と「謙遜」してしまう可能性は高いです。
他にも先人や、売れっ子とつい比べて、萎縮してしまう。

 

でも、「そんなことはない!」と声を大にして言いたい。

たとえば、私が書いたこの記事

1月末に公開して、1000人近い方が、この記事を読んだという結果が出ています(数の大小はさておいて)。

僕は、ブログを書きはじめた今年の1月12日までは、ストウブは愛好者だったものの、専門知識があるわけでもなかったのです。
それでも、毎日使い続ける中で、その良さ(=経験)を伝えたいと思い立ち、ストウブの本やウェブサイトを片っ端から読んで

「自分の経験を、インターネットにある信頼された情報でトッピングして」文章にしたことで多くの人に読まれ続けている=悩みを持った人の課題解決に寄与している

のです。たった3ヶ月前に始めた僕が、ですよ?

なので、あなたも「やる気になって」「要点をおさえれば」できます。
そのことはこちらの記事にも書いてみました。これも書かなければただの「経験」でしたが、「誰かの役に立ちたくて伝える」ことで読んでくれる人達が現れました

まだまだ弱小新米ブログですが、月に平均約2,000ユーザー(20.5.4現在。定義は調べてみてくださいね)が見に来てくださっています。

何も書かなければ何も生まれなかったところに、いわば毎月2000人の「読者」が来訪している、ご縁が生まれている、ということ。素敵なことですよね^^

 

コンテンツを創り発信する技術が身につき、本業・副業に活かせる

ただ「書く」だけではもちろんダメ

自身の「好き」や「経験」を発信することはメリットがある、というところまでは理解いただけたと思うのですが、ただ漫然と

・こんな事がありました
・こういうのが美味かったです

と「自分が書きたいように」書くだけでは、読者は読んでくれません。
むしろ、「基本は誰も読みたくない」ぐらいに思っていたほうがいいです。

きっとあなたに置き換えてもそうですよね?長々と、結論がわからない文章って、途中で辞めるか、最初から読まないかのどちらかです。

僕が冒頭で「この記事で伝えたいこと(結論)」を書いているのも、
「この記事で伝えたいことはこれらで、興味ある人ならその根拠を知りたくて読み進めてくれるだろう」という「導線」をつくっているわけです。

読んでもらうために「勉強したくなる」

こんなことを書きながら、僕自身もまだまだ勉強中です。

でも、「伝えたい」事が出てくると

伝えたい → なんとか読んでほしい → どうすれば読んでもらえるか?

見つけてもらわないと読んでもらえない → どうしたら見つけてもらえるか?

ということを真剣に考えます。

そうして、たくさん調べて、すでに成果を出している先輩方の記事をとにかく読みます。

僕のバイブル「ブログマーケッタージュンイチ」さんの教科書

コンテンツマーケティングの巨匠「バズ部」さん

そうやって、書き方、伝え方、その結果の計測の仕方(Google Analyticsなど)も知りたくなり、勉強します。

ここまで読んで気づかれたかも知れませんが、ブログを書くことで

「自分で書きたいと思って」「自分で調べて勉強する」「実践する」「改善する」

という学びのループが生まれるのです。イヤイヤやっていた(?)学校の勉強(ちがったらごめんなさいw)や、上司に言われて仕方なく読む資料、とは雲泥の差ですよね。

学びが、かけがえのないスキルになる

そうして身につけた「伝えたいことが明確で」「読み手目線に立った文章」力は、どんな仕事でも、職場でも「あって損をする」ことはないでしょうし、

仮にあなたが将来起業を考えているとしたら、ブログで専門性や商品を発信して「見込み客」をインターネットから連れてくることにも繋げられるでしょう。

※ちょっと自分にブーメラン(いや、お前できてへんやん)返ってきそうで怖いですが(笑)

 

更新を続けることで他者に頼らず「自己肯定感」を養える

実は個人的には、これが一番大きな効果だと思っています。

特に根拠やデータがあるわけではないので、説得力にかけるかも知れませんが、少なくとも私は「書く」ときめて、習慣を身につけて、100日以上更新を続けることで、下記のような効果がありました。

・誰かの役に立てたい、と思って書き、1人でも閲覧者がいることで、「自己効力感=人の役に立っているという感覚、喜び」が満たされる

・「毎日書く」という「自分との約束」を果たせることで、どれだけ何もできなかった1日でも「今日は書いたから合格」と自分にOKを出せる

・「自分にOK」が重なっていくことで、自己肯定感が養われていく

本当に「情けは人のためならず」とはよく言ったもので、

情けは人のためならず」とは,に対して情けを掛けておけば,巡り巡って自分に良い報いが返ってくるという意味の言葉です。

−文化庁HPより

最初は「自分のために」書き始めたブログを、誰かの役に立てたいと思いはじめて、勉強して書いていたら、いつの間にか自分が救われていた・・・

という体験をしています。

「自粛」で家から出られず、ストレスがたまり、ともすれば暇な時間が増え、「余計なことを考えたり、悩む時間」が増えてしまう、、という悩みを抱えている人も多いであろう昨今、「ブログを書き続ける」ことによる効果は大きいと感じています。

「続け方」について書いた記事はこちら

ブログ執筆初期に書いた「ブログを書いてよかったこと」の記事

まとめ 今、このときが「書き始める」最高のタイミング

いくつかのポイントからお伝えしてきましたが、「ブログを書く」ことのメリットが伝わっていれば幸いです。

こんな時期だからこそ、自分と向かい合って、自分の頭と言葉で表現することが、誰かや、未来の自分を救うことに繋がるし、記録しておいたことが財産になると思います。

そして何より、「1日でも早く始める」ことで、検索エンジンにも認識されていきますし、書く力の養成にも繋がります。

早速始めてみませんか?

毎日書き続けるのが難しくても、2−3日1記事書く!と決めるだけでも「続けられる自分」を育てられるので、おすすめですよ!

ダイちゃん

世間ムードは逆境かもしれんが、むしろ新しいことを始めるチャンスと捉えることもできるしの!

ひげのマスター

逆境? それ、チャンスだよ挫けそうになっているキミに贈る47の言葉【電子書籍】[ 長州力 ]
created by Rinker

なあ!金沢!!

※意味がわからない方はこちらをどうぞw

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
人モテ料理研究家、煮込み料理家(煮込みスト)、フォトグラファー 兼 一般企業サラリーマン 日本煮込み料理協会主宰。 料理と写真と音楽とキャンプをこよなく愛する。 見た目がクマっぽいのでクマさんとも呼ばれがち。 料理経験0から自炊習慣を構築 1000人以上を撮影したプロフォトグラファーとしての撮影技術と経験、ディスカヴァー編集学校を卒業した文章力、料理スタイリング学校の専門知識を活かしながらレシピ開発と制作、撮影を100件以上行う。 16年以上の紆余曲折サラリーマン経験も生かした仕事術、生き方アドバイスも得意。 好きな調理道具はストウブ、ツヴィリング、snowpeakクッカー。 ロックバンドとプロレスに人生を支えられている。 大好きなバンドはTHE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Children、10-FEET、Dragon Ash、東京スカパラダイスオーケストラ、The Birthday、ROTTENGRAFFTY、打首獄門同好会他。 人生で最も影響を受けたレスラーは棚橋弘至、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎。 自分自身が人生でもらってきたギフトをたくさんの人にシェアし、その方の人生がより良く、楽しいものになることを願い、毎日ブログを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.