あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

連続更新200日達成 今日までの継続の日々とこれから

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べるオンライン料理教室主催。 創作煮込み料理(煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍)、塊肉料理、おつまみ全般、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

連続更新200日目、ありがとうございます。

ついに、200日連続更新達成です。感動感激!となるかと思っていたのですが、、、

意外と普通でした(笑)

もうすでに私の中で「書き続けることは挑戦ではなく、日常である」というメンタリティが完成しているのだなと思います。

そして、本当に目指す姿や世界、生き方に向かうステージに上がったからこそ、浮かれず、淡々とこの節目を迎えられているのだと思います。

それでも「0日目」「1日目」は確かに存在していて、その時は不安しかなく、この200日という日なんてとても想像はついていなかったです。

今日はなるべく簡潔に

「200日までのざっくり記録」

「これから」

の2節で綴ろうと思います。

200日を迎えるまで 節目となった記事を振り返る


胸を張って書く日もあれば、こんな自分で大丈夫かと頭を抱えながら書く日もある 重ね重ねて、200日 寄せては返す波のよう・・

100日達成 初めて「誰かの資産になりますように」と願いを込めて書き尽くした記事

100日を迎えたのは約3ヶ月前(計算したらまあそれはそうですねw)の4月28日でした。

この時の文末には、こういった文章がありました。

たかだか開設3ヶ月半、100日で「いや、まだまだ全然ひよっこじゃん!」と言われても仕方ないのですが、「初心者として、今まで散々挫折しながら、100日続け、こうして『こうすれば続くよ』という記事を書くまでになった」ということが大事かなと思っています。

なにより、ブログ、とても楽しいし、いいものです。
アクセスは5,000PV/月、1500User/月程度とまだまだ弱小ですが、全くの0だったところに、月に1500人もの人が、僕が書いたレシピや記事を読んでくれているんです。(毎月後楽園ホール満杯くらい!)

これからも続けていきます。まず目指すは50,000PV/月。

今日書いた記事が、今日の誰かに、明日の誰かに、数年後の誰かの役に立つように、「継続」していきます。

明日からまた「200日目」を目指してがんばります!

— “0からブログを100日連続更新した私が教える、挫折しない書き方と続け方”より

今はあまり過去を振り返ったりノスタルジックになったりしない自分なのですが、ここに記した「誰かの役に立つように継続する」は実現できていると思います。

たとえばストウブ ココットラウンドについて書いた記事は毎日100人近くの方に読んでいただくことができていて、そこから購入も生まれている=その人の人生のプラスワンになった、という証拠です。

道具のストーリー、機能、自らの言語と感性のすべてを尽くして伝えるために「書ききった」記事

この記事を書いたのは連続更新161日目、6月の28日でした。

「この記事は、末永く誰かの役に立つものにするぞ!」と強く決めて書いたのをはっきり覚えています。

※ほんの1ヶ月前なんですけど、毎日書いていると、2週間前すら「ひとむかし」に感じるw

結果、それまでストウブ記事一強だったブログの集客の幹に成長しました。この記事を読んでフライパンを注文した、という方からも連絡が多数。

現在「バーミキュラ フライパン ブログ」でGoogle検索すると1位表示です。

検索順位1位ということは、それだけ内容が正しく充実しているという証拠。実際クリック率も高いです。

「料理道具について、自身が本気で使って、考えて、伝えたらちゃんと必要としている人に届くんだ」という実感を確信できた大切な節目の記事です。

 

180日連続更新 論理・情緒両面からその軌跡を見つめ直した

この記事を書いたのは連続更新180日達成した7月17日でした。

これはもう記事を読んで頂くのが一番いいのですが(笑)そうも行かないのはわかっているので、、

なぜこの数字になったのか?どうして続けられたのか?そしてどうしていきたいのか?

ある程度、「ブログを継続するということそのもの」と「その大変さ」はここで一区切りしたような気もしています。

そしてあくまで思うのはブログを書くことも、継続することも「真の目標達成のための手段に過ぎない」ということ。

200日を迎えて、これから

前節でも書きましたが、あくまでブログは「手段」です。

私が実現したいのは、「料理で、食で、心とお腹を満たす」事業を展開し、自身の命や時間を、そのために費やすこと。

そして他でもない私自身もしあわせになること。

もちろんブログを毎日書き続けることはしていくと決めていますが、それ以上に

「ダイちゃんという人間の生命、人生を賭けて、何をのこしていくか」を今は考え続けています。

最初の答えが出て、サービスや事業という形で皆様にお届けするにはもう少し時間がかかりますが、確実に前に進んでいます。

まだ「お楽しみに」と言えるほど皆さんに期待されていない自分だとわかりつつ。

まとめ

また明日から新たな大台でコツコツ更新していきます。

引き続きお付き合いくださいね。

200日、ありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

※すっかり忘れていたのですが、「お祝いしたい」という声をありがたいことにいただいたので、ウィッシュリスト、置いておきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べるオンライン料理教室主催。 創作煮込み料理(煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍)、塊肉料理、おつまみ全般、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.