あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

「友達」より「好きな人達」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

以前より「ダイちゃんは友達が多いよね」と言われるけれど、
友達という言葉の曖昧さが苦手で「うーん」と言葉を濁すことが多かった。

そもそも「俺たち友達だよね?」とかいちいち確認しないし。

理由を考えて見たら「親友」と自ら名乗るような人は実は信用ならなくて、
非常事態にあっさり掌を返した過去があったから。

その結果を招いたのはそこに過度な期待をした自分も含めて、だけど。

今は「好きな人達がたくさんいる」ということにしている。

別に理由なんてなくて、人生の邂逅の中でつながって、関係性がつながっている人達のこと。

人と人としての敬意を保ち合いながら、それでいて肩の力を抜ける人。

僕の好きと、その人の好きの釣り合いとか種類とか考える必要もない。

僕が好きなのだし、相手も楽しんで笑っていてくれたらいい。

ここのところはその「好き」に対して照れや迷いや恐れがなくなってきた気がする。

結局いままでは「相手にどう思われるか」ばかり気にしていたからだろう。

いまは、「僕はこんな感じだけど」というゆるさでいる。

どっちかや、何かの方角に定めなくてもいい。

人も、人生も、もっと曖昧で感覚的で、しばしばいい加減なバランスの上を泳いでるんだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.