毎日の料理が楽しくなれば、人生はもっと愉しい

【レシピ】豚肉ローストのピーチオレンジソース 彩り野菜添え

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、料理研究家のダイちゃんです。

今日は、フルーティーなソースで食べる豚肉がっつりなオシャレシピ!

 所要時間 30分程度

材料

材料 (1人分)

(具材)
豚バラブロック肉 1本 
にんじん 1/10本
黄パプリカ 1/4個
ピーマン 1/4個
桃 1/2個

(調味料)
塩 少々
粗挽き黒こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1
バター 30g

手順

(1)豚肉の各面に切り目を入れ、塩こしょうをふる。野菜、桃は写真くらいのサイズに切っておく

(2)弱めの強火でフライパンを予熱したらオリーブオイルを入れ、煙がたったら一旦火を止める。赤く広い面を下にして入れ、点火する。強めの弱火で8分焼き、焼き目がついたら裏返してさらに8分焼く

(3)最初の裏返しの時点で付け合わせの野菜も入れて軽く塩を振り一緒に焼いて焼き目をつけておく

ちなみに、付け合せの配色と並びは「赤・黄色・緑(Mr.Childrenの「彩り」の歌詞・・趣味丸出しですみませんw)」になっています。

ダイちゃん

※お皿はPASS THE BATONさんのリメイク皿。本来なら廃棄される業務用B品にプリントすることで新しい生命をあたえられたお皿。動物たちがバトンを持って「この世界を回り回って」います。テーマ(今回は曲の歌詞)に合わせたイメージでお皿を選ぶ、なんていうのも料理の楽しみの一つです。

 

(4)トングで各面を弱火で焼いていき、焼き目がついたら取り出してキッチンバサミか包丁で大きめに切り、さらに焼いていく(この時点で野菜もある程度焼けていたら取り出しておく)

豚肉なので、火入れは入念に行います。最初から切って焼いてしまうと面への火入れが均等にならずに味がブレるため、大きな面で火入れ→全体通ってから切り分けて火入れ、という方式を取りました

ダイちゃん

(5)肉を取り出し野菜とともにお皿に盛り付けてから、余分な油をふきとり、オレンジジュース、バター、桃を入れて弱めの強火で煮詰める 

煮始め

終盤 ソースにとろみが付き、線がかけるくらいまで煮詰める。桃はトングの側面などを使ってつぶしながら煮る

 

(6)お皿に盛り付けた肉にソースをかける

まとめ 華やかなソースで塊肉を召し上がれ

ストロングなお肉と、甘くて華やかなソースのギャップ萌えが楽しい料理です。

見た目よりずっと簡単なので試してみてくださいね^^

 

サマーアイリッシュコーヒー

フローラルな飲み口のシングルモルトと、スペシャリティコーヒーの雄が渾身を込めたアイスコーヒーで、爽やかな夏のスタートを♡

この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.