毎日の料理が楽しくなれば、人生はもっと愉しい

【イタリアンレシピ】彼氏が彼女に作るなら!簡単アクアパッツァ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、料理研究家のダイちゃんです。

今日は「簡単なのに華やかで」「美味しくて失敗しづらい」

簡単アクアパッツァのレシピをご紹介します^^

 アクアパッツァのおいしさの秘密

アクアパッツァは味付けは基本塩だけで「だしの旨味」を楽しむ料理です。

材料として使う、お魚、ぶなしめじ、トマト、アサリはそれぞれ別の種類の旨味成分(お魚とアサリはグルタミン酸、ぶなしめじはグアニル酸、トマトはグルタミン酸)を持っています。

さらに、そこに白ワイン、オリーブ、ケッパーといった「発酵食品の旨味」(更にオリーブの塩味とケッパーの酸味も相乗効果)もかけ合わせることで、スープの美味しさがかけ算で増していくのです^^

余ったスープをバゲットに付けて食べるも良し、パスタにするも良し、最後まで贅沢な料理です。

まぁでも実際は、パスタにする前に美味しくて全部飲んじゃいがちです(笑)

ダイちゃん

アクアパッツァ=風変わりな水、という意味で、「魚がオリーブオイルや食材出汁にまみれて旨味の頂点にぶち上がっていく!」みたいな意味が込められているという説が濃厚です。
※もともとは粗悪なワイン=狂った水 を指した言葉だったという説も。

なんだかラテンのご機嫌な言説な感じが溢れてて僕はこの話が大好きです(笑)

 

 所要時間 20分程度※貝を水につける時間は除く

スーパーで揃う&余っても使える!材料リスト

(具材)4人分

皮付きの魚の切り身(さわら、ひらめなど) 半身または1尾程度がはいった1パック
塩 ひとつまみ
ブラックペッパー ひとつまみ
小麦粉 大さじ2程度
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 1かけ(にんにくチューブ 大さじ1でも可)

砂抜き済みのアサリ 10個程度 ※あまったものはお味噌汁にでも!
アサリの煮汁 大さじ8杯程度

プチトマト 4個
オリーブ漬け 5−6個
ケッパー 大さじ1/2程度 ※余ったものは鶏肉とソテーしたり、スモークサーモンのマリネに!

ぶなしめじ 1/4袋程度 ※余ったものはお酢に漬けてピクルスに!
白ワイン 大さじ2
パセリ 少々
全体の味を調整する塩 ふたつまみ

※写真には出汁として焼いたヒラメの尾が入っていますが、今回は使用していません

手順

(1)(下準備)アサリは塩水につけて30分程度置いておく 
魚は塩コショウをして小麦粉を軽くまぶしておく 
オリーブ、プチトマトは半分に切っておく。ぶなしめじはかしずきを取っておく

(2)鍋にアサリ、貝がつかる程度のお水、塩ひとつまみを入れて貝が開くまで茹でる(アクがでたらスプーンなどですくって取ろう)

(3)鍋とは別のフライパンにオリーブオイルをしいて熱したらにんにくを入れる。
弱火で加熱して香りが出たら、魚を入れて焼き目が付く程度まで焼く 
※焼いた油は半分くらい拭いておく

魚の油がでて生臭くなることがあるので拭きますが、あえてその魚臭さがいいという人もいます。料理は好みですから、正解はひとそれぞれ!

ダイちゃん

(4)アサリの茹で汁をフライパンに加えて、ぶなしめじ、プチトマトを入れて煮立たせる

(5)オリーブ、ケッパー、追いオリーブオイル(分量外、お好みで)、パセリを加えて弱火で軽く煮て、塩で味を調整したら、アサリを加えて盛り付ける

貝を茹でたら、あとは魚を焼いて煮汁と具材で軽く煮るだけ 見た目よりは簡単です!

ダイちゃん

 

まとめ 女子ウケ!と書いたけれど・・

この料理を何度か女性に作ったことがある者としては「女子が喜ぶ確率100%」なことは断言できる、、のですが、「なぜ女性のイタリアン好き率が高いのか」の謎は解明できていません(笑)

有力な説をお持ちの方いたら、ぜひご一報くださいませ!

パスタ、にんにく、オリーブオイル その辺にヒントがありそうじゃの。しらんけどw

ひげのマスター

ドメーヌ・デュ・マージュ・ブラン(白ワイン)

有名なワイン評論家 ロバート・パーカーも絶賛の高コスパワインで家飲みをキメよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
料理研究家、料理で人生を楽しくする人。2017年、会社勤めの激務やストレスで体調を崩したことをきっかけに自炊経験0から料理を始める。食の改善で心身が回復し、料理にのめり込む。2019年より煮込み料理研究家(煮込みスト)として活動開始。2021年からは企業レシピ開発や料理の連載、地上波TV出演など活躍の幅を拡大。2022年2月、料理で人生を善くする人を増やしたい思いから、料理の楽しさを伝える活動「Cooking For Life」をスタート。全国各地で料理教室や出張料理を行っている。美味い飯と酒マニア、音楽好き。料理と食への探究心は人百倍で、お客様から「メールや提案の文字から味がする」「美味いへの発想が無限」と言われるほど。大分県出身、都内在住。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.