あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

【ストウブレシピ 鶏肉】鶏ももと桃と紅茶で MOMOMOMO煮込み

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
人モテ料理研究家、煮込み料理家(煮込みスト)、フォトグラファー 日本煮込み料理協会主宰。 料理と写真と音楽とキャンプをこよなく愛する。 料理経験0から自炊習慣を構築 1000人以上を撮影したプロフォトグラファーとしての撮影技術と経験、ディスカヴァー編集学校を卒業した文章力、料理スタイリング学校の専門知識を活かしながらレシピ開発と制作、撮影を100件以上行う。 16年以上の紆余曲折サラリーマン経験(現在も兼業)も生かした仕事術、生き方アドバイスも得意。好きな調理道具はストウブ、ツヴィリング、バーミキュラ、snowpeakクッカー。 その独創的で美味な煮込み料理にはファンが多く、ストウブ公式ページにもレシピと料理写真が採用されている。バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」においてもレシピが公式にPICK UP採用され、人気ランキング1位を獲得。見た目や味はリッチなのに手間や予算はチープで済む「リッチープ」料理も独自開発・提唱している。 ロックバンドとプロレスに人生を支えられている。 大好きなバンドはTHE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Children、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、ROTTENGRAFFTY、他。 人生で最も影響を受けたレスラーは棚橋弘至、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎。 あなたの人生に美味しいと笑顔が増えることを願い、毎日料理を作り、ブログを書いています。

レシピ MOMOMOMO煮込み🍑

 

レシピのポイント

味付けは塩だけですが、紅茶の香り、肉や野菜の焼き目の香り、味、うまみ、野菜がセルフベイスティングすることによる食材のミクスチャーのうまみ、スープに溶けだした桃がアフターノートのように味覚を包み込む感覚、、たくさんの要素を層(レイヤー)のように重ねた、スペシャリテな煮込み料理です。

 

うわー、これ難しそう、、、って思うでしょ?でもダイちゃんもほんの数年前まで「キッチンホコリかぶり男子」だったのです。いっこずつ丁寧に教えますから、やってみましょう^^

ダイちゃん

 

 所要時間 40分〜1時間

 

材料

(具材)

桃 1個
茄子 1個
ピーマン 4個
玉ねぎ 半玉
人参 1本
にんにく 6かけ
キャベツ 1/4玉
しめじ 1/2袋
鶏もも肉 400g

(肉の仕込み調味料)
オリーブオイル 大さじ4
ブラックペッパー 少々
塩 少々
ローズマリー 1本

(ミックススパイス)
オールスパイス 少々
カイエンペッパー 少々
ナツメグ 少々

(スープペース)
アールグレイ紅茶ティーバッグ 5パック
水 300ML(ストウブ以外の場合は400ML)
塩 少々

 

手順

(1)肉の仕込み

鶏もも肉の隙間の余分な脂を包丁でとる
ローズマリーを4,5等分に切る

肉の表面に切り目を入れる。オリーブオイル、塩、ミックススパイスをまぶし、切り目にローズマリーを埋め込むキッチンペーパーにくるんで、ジップロックに入れて1時間以上冷蔵庫に寝かせる

肉に調味料をあれと、これと、いれなくちゃ。。。ってなると辛いので、「肉にうまそうな調味料をお化粧しよう」位の感覚で楽しんでもらえるといいなと思ったり。 

ダイちゃん

(2)肉を焼く

ストウブにオリーブオイル大さじ2をひき、あたたまったら(1)の肉を両面焼き目がつくまで焼く

肉の表面に焼き目をつけてから煮込みます。そのほうが型崩れも防げて、肉汁を中に閉じこめる事ができます^^

ダイちゃん

 

(3)アールグレイを作る

別の鍋かフライパンでアールグレイを煮だす

 

ちょっと濃ゆいかな?くらいがいい頃合いです。紅茶で煮ることでポリフェノールやカフェインによるリラックス成分も入りますし、なによりアールグレイの香りで肉の臭みも消えて、いいことづくめ。肉の脂とのコラボレーションが食べるときにまた。。ね^^ 

ダイちゃん

(4)一部の野菜に焼き目をつける

ピーマンはまるごと、キャベツ1/4カットをストウブに入れ、肉の油で焼き目をつける

ピーマンまるごと!?って思うでしょ?これがうまいんです。クタクタになって肉汁と紅茶を散々に浴びてしみしみのピーマン、体験してほしいなぁ(もちろん入れるまえにちゃんと洗おうね) 

ダイちゃん

 

(5)アールグレイ、残りの野菜を投入

しめじはかしづきをとる。人参、たまねぎ、茄子は大きめに切る。ニンニクは皮をむき芯をとり端を切る

 

(6)煮込み開始(最初の加熱)

塩を加え、ストウブから蒸気が出るまで中強火で加熱する
蒸気が出たら弱火に落とす

ストウブでつくるのがやっぱりおすすめ。その理由は別の記事で書こうと思います^^ 

ダイちゃん

 

(7)桃投入

大きめの短冊切りにした桃を入れ、30分以上弱火で煮込む(1時間程度推奨)

えっ!?桃!!?って思うでしょ?その感覚が普通です(笑)でも、食べると変わるんだなぁ〜そのイメージ 

ダイちゃん

煮込む前のお鍋

(8)盛り付け

お皿に盛り付け、お好みでオリーブオイル適量、ブラックペッパー適量をふりかける

余ったスープでパスタを煮てスープパスタもおすすめです!

 

このレシピについて

最後にネタバレするわけではないですが(笑)鳥「モモ」と「桃」だからMOMOMOMO煮込み!なんです。それだけです(笑)ダジャレ多めでお送りしています・・

ダイちゃん

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
人モテ料理研究家、煮込み料理家(煮込みスト)、フォトグラファー 日本煮込み料理協会主宰。 料理と写真と音楽とキャンプをこよなく愛する。 料理経験0から自炊習慣を構築 1000人以上を撮影したプロフォトグラファーとしての撮影技術と経験、ディスカヴァー編集学校を卒業した文章力、料理スタイリング学校の専門知識を活かしながらレシピ開発と制作、撮影を100件以上行う。 16年以上の紆余曲折サラリーマン経験(現在も兼業)も生かした仕事術、生き方アドバイスも得意。好きな調理道具はストウブ、ツヴィリング、バーミキュラ、snowpeakクッカー。 その独創的で美味な煮込み料理にはファンが多く、ストウブ公式ページにもレシピと料理写真が採用されている。バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」においてもレシピが公式にPICK UP採用され、人気ランキング1位を獲得。見た目や味はリッチなのに手間や予算はチープで済む「リッチープ」料理も独自開発・提唱している。 ロックバンドとプロレスに人生を支えられている。 大好きなバンドはTHE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Children、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、ROTTENGRAFFTY、他。 人生で最も影響を受けたレスラーは棚橋弘至、ザ・グレート・カブキ、大谷晋二郎。 あなたの人生に美味しいと笑顔が増えることを願い、毎日料理を作り、ブログを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.