あなたの心とお腹を満たす 人モテ料理研究家

中目黒のLamb-CHAN(ラムチャン)は羊肉とワイン好きが昇天する店

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

こんにちは、人モテ料理研究家のダイちゃんです。

今日は私が好きなお店を独断と偏見で紹介するシリーズ(笑)
取材費とか一切いただかない、本音で好きを伝えるシリーズです。

前回の三軒茶屋コマルがあまりに思いが強すぎて長文すぎたのでw

今日はもう少し軽やかに、「ぜひ行ってほしい!」お店をご案内してみます。

ラム肉とワイン好きにはたまらない店 中目黒「Lamb-CHAN」

今日おすすめするのは中目黒の「Lamb-CHAN(以下ラムチャンと表記)」店名の通り羊肉=ラム肉を得意とするレストランです。

そしてワインも充実。ラムとワイン、好きな人は好き、だけど苦手な人もいる・・

しかし!ここに行けばきっと「苦手」が「好き」になり「楽しい」に変わるはず。

そんなおすすめポイントをいくつか紹介します。


中目黒と祐天寺の中間ぐらい。中目黒銀座をのんびり散歩して商店街を抜けたくらいでいいタイミングで現れる羊天国の扉

おすすめポイント1 ラム肉好きにはたまらない ラム料理のオンパレード


ラム肉のたたき 永久にお酒が飲めるうまさ 砕いたにんにくがまた合う・・・10皿くらい注文したい

ラム肉というと、「臭い」「苦手」という人が結構います。私もかつてはそうでした。
でもあるきっかけ(後述)でまあまあ好き、から大好きになったのですが、ラムチャンは独自の仕入れと下処理で臭くない、ラムの良さを引き出した料理を出してくれます。

新鮮でクセのない羊肉と
美味しいお酒を、洗練された空間で
お楽しみください🐏

こだわりの仕入れ、下処理が可能にする
クセがなく臭みの少ない柔らかなラム肉を
各国の料理でアレンジしてご提供しています。

ラムチャン公式より

聞いたところ、オーストラリア(たしか・・違ってたら修正)のラム肉を冷凍せず、空輸で仕入れることで臭みを押さえ、ラムの美味しさを保っているとか。
仕込みや下処理にもきっといろいろな工夫がされているんだろうと想像しつつ・・

ここからは美味しいラム肉料理のオンパレードをどうぞ。

なんぼでも食える ラム肉料理の数々

看板料理 ラム串 炭火でじっくり焼き上げたラムをオリジナルソースとたっぷりネギで。

ラム大葉串 ラムの旨味、大葉の香り、クセのなく肉をオーケストラにする脂とそっと寄り添う塩・・そしてレモン


よだれラム オシャレ盛りバージョン よだれ鶏、はよくあるけど、それをラムで。もう、たまらん。

よだれラム、パクチー爆盛バージョン。こっちもまた美味い。

パクチーときゅうりのサラダ。ラム肉の合間に箸休めのつもりで頼むとえらい目に合う。クセになる止まらない。

他にも多彩なメニューが盛り沢山。麻婆豆腐にステーキ、餃子にタコス・・・シメ系のメニューもあるのですが、肉を食べすぎて毎回たどり着きません・・(笑)
次回こそは・・・大人数で向かって制覇したい。

何度でも通いたくなります。

おすすめポイント2 料理と飲み手に寄り添うソムリエのセレクトが嬉しいワインの数々

ラム肉とワインはそれはもう普通にドンピシャに合うのですが、このソムリエのゆうきさんのワインのセレクトが毎回絶妙。※ちゃんともっと詳しく聴いて、各銘柄の特徴追記予定です

函館出身の友人に、函館でしか買えない白ワインをすすめてくれたり(ボトルでまず手に入らないみたい それを開けてくれた)

クタクタでのどが渇いた僕の要望に合わせて、爽やかなナチュールブラン

ラム串にぴったり

全然ワインがわからない僕の「うまいオレンジ系」の要望に合わせてくれたり

これも詳細覚えてないけどうまいw

 

1982年生まれの僕の要望で、生まれ年のビンテージを 重厚でそれはそれはうまかった・・・

流通に大きく載せないスペインの醸造家が「いちかばちか」の配分で作ったから「ダブルダウン=一か八か」面白いw
すこし微発泡ぽい感じで美味しかった

合わせる料理やその時の気分、お客のエピソードやストーリーに合わせて「それなら・・・」と嬉々としてワインを勧めてくれる。

ハズレ無しでうまいし、料理にも合う。この会話とやりとりだけでもお店に行きたくなるのです。

おすすめポイント3 料理長・店長「コバさん」の確かな腕と人柄


右がコバさん 「うまいもん作りますよね!」という頼れる雰囲気

冒頭で「あるきっかけでラムが大好きになった」と書いたのですが、それは店長兼料理長のコバさんが「キッチンカーで」販売していたラム串がきっかけでした。

様々なフードがひしめくフードトラック商戦で、ラムというある意味好き嫌いが別れる食材でめちゃくちゃ支持を得ていた。

ほんとに「万人に勧められるラム串」なんですよね。多くの人に食べてほしい。中毒性がありますが(笑)

なんだかんだダイちゃんとのご縁も深い

もともとはファーマーズマーケットで出店されていたことがきっかけで知り合い、その後も他の店舗やお祭りで出店されているときもよくお話させていただき、仲良くなりました。というか「よく遭遇する」んですよね(笑)ここにいた!?みたいな。ご縁があるということで。

私がファーマーズマーケットで料理を振る舞う機会を頂いたときも、差し入れで農家さんに頂いたとうもろこしを焼いて差し入れしたりしていました(笑)

穏やかで腕も確か、人柄もよくて、料理もうまい。お店にも通いたくなるというものです。

何故か中目黒を歩いていたら遭遇(笑)ありがたいご縁です。

まとめ 羊肉大好きな人もワイン好きな人も、そうでない人もみんな行くしかあるメェ〜

美味しい料理、寄り添うソムリエとワイン、店長の人柄が出る穏やかな雰囲気のお店。

こりゃいくしかあるメェ〜

お店で偶然お会いできることを楽しみにしています☆


満面の笑み!

この記事を書いている人 - WRITER -
ダイちゃん
1982年、大分県生まれ。 毎日が楽しくなる料理と、料理を使ったコミュニケーションの専門家。 煮込み料理研究家=煮込みストとしても活躍。 楽しい、美味しい料理を簡単に作る方法を学べる「マンツーマン人モテ料理マスター講座」や、創作煮込み料理を思う存分楽しめる「煮込みストBAR」を主宰。 煮込み料理、塊肉料理、おつまみ全般、即興料理、創作サンドイッチなどを得意としている。 ロックバンド(THE YELLOW MONKEY、The BONEZ、Mr.Childrenなど)にインスピレーションを受けたオリジナルメニューも開発。 プロフォトグラファーとして撮影ならびにフードスタイリングも行う。 2020年ストウブ公式レシピ賞を受賞。 2020年バーミキュラ会員サイト「MY VERMICULAR」人気ランキング1位獲得。 2020年公式レシピブック「DAICHAN'S OFFICIAL BOOK」を発売。 食育健康アドバイザー資格保有。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ダイちゃん 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.